投稿 2020年3月4日 更新

【ティッシュケース】幼稚園・保育園の入園準備グッズ探しからお名前付けまで

ティッシュケース

今回は、子どもたちが毎日使うティッシュのティッシュケースについてご紹介していきます。

ティッシュだけでなく、ケースも必要な理由って何なのでしょうか。

幼稚園や保育園という集団生活の中だからこそ、ケースの指定をする園は多いのです。

ここでは、ティッシュケースの作り方やおすすめのお出かけポーチ、普段はなかなか聞けない先生たちの本音を丸ごとご紹介していきますので、最後まで要チェックです。

ティッシュケースって必要?

ティッシュ

毎日の園生活で、ハンカチ・ティッシュを持っていくとき、どのようにして持って行かせますか。

制服やジャージのポケットに入れたり、カバンの中に閉まったりでしょうか。

手を洗ったときや口を押さえるとき、鼻水が出たときなど、ハンカチとティッシュは欲しいときにすぐ取り出せるところに閉まっておかなければなりませんね。

特にティッシュは、何かと使う場面があります。

そのままポケットに入れていると、ツルツルしたビニール素材のポケットティッシュは、小さなポケットからすぐに落ちてしまいます。

いつの間にかティッシュがない・・・と悲しい顔をして先生のところに来る子がよくいます。

紛失を防止するためにも、子どもにとって持ちやすくするためにも、ティッシュケースをつけることがおすすめなのです。

ケースが付いていれば、誰かが拾ってくれる確率が高く、大事なティッシュが早く自分の手元に戻ってくるでしょう。

かさばらないような薄手の布で作れば、ポケットにも入るしカバーが目印になって、すぐに自分のものだと分かります。

子どもの好きなキャラクター系のケースにしてあげれば、喜んで持って行ってくれるでしょう。

ティッシュの大きさ

ティッシュを取る

子どもたちが園に持ってくるティッシュは、子ども用の小さなポケットティッシュにしましょう。

よく、最近ちょっと風邪気味で鼻水が気になるからと通常サイズのポケットティッシュをたくさん持たせるママがいますが、クラス活動をしているときは基本的にクラスや園のボックスティッシュをみんな使うので、必要以上にポケットティッシュを持ってこさせる必要は全くありません。

子どもたちが持ってくるティッシュは、通園時やバス乗車時などに使うことが多いですね。

それ以外に、遊びの中で見つけたどんぐりやお花を包んだりするのに使ったりしてます。

園によっては、ポケットティッシュが不要のところもあります。

子どもってティッシュをひたすら破いたり、ポケットにぐしゃぐしゃ入れてるのが好きなんですよね。

本来の用途とは違う使い方でティッシュを楽しむ子が多いので、持ってくるのを禁止にしたり、キャラものは一切ダメな園が増えているようです。

ポケットやしまう場所にきちんと入るサイズのポケットティッシュを持ってくることという規定になっていることがほとんどですので、100円ショップや近隣店舗でチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ティッシュの種類

ティッシュのサンプル

子どもたちが嬉しそうにティッシュを持ってくる理由は、お友達とティッシュ交換をするためなのです。。

時々、クラスには使ったティッシュではなく、未使用のボロボロティッシュや、香りつきのティッシュの匂いが充満しています。

特に女の子は、ティッシュにかわいい柄がプリントされているものやフルーツの匂いがついているティッシュが大好きなんですよね。

指定がなければ持ってき放題と思って、紛れて関係ないお友達へのプレゼントを勝手に持ってくる子まで。。

人気No.1はキャラクター系です。

ママたちも毎度ポケットティッシュを購入しに行かねばならないので、本来の用途でしっかり使ってくれているならまだしも、無駄遣いはして欲しくないと思ってならないですよね。

大好きなプリンセスや怪獣などがプリントされたティッシュを、いざ使う場面が来て「ティッシュで拭こうね」と言うと「やだ!もったいないから使いたくない」と言い出す子がいました。

好きすぎて使えないなんて・・・と参ってしまいそうになりますが、キャラクター系を持ってきても良い場合は、ただポケットに入れてるだけのものではなく、きちんと正しい使い方もお話していくと、大切に使ってくれるようになるでしょう。

また、子どもが使うポケットティッシュでも水に流せるタイプもあるので、園外活動中など急にトイレへ行きたくなったときに、ポケットティッシュが使えたら助かりますね。

ただ、子どもは水に流せるか流せないかの表示が読めないので、一人が水に流せるのを持ってくると、どれでも流せると思ってホイホイ流し出す可能性があります。

詰まりの原因になるので、必要なとき以外は基本的にトイレットペーパーを使うように声がけしていきたいですね。

最近は、100円ショップでもとっても可愛いポケットティッシュが10個入りなどお買い得です。

さらに、毎日鼻水をいっぱいかんだり、お口の周りをきれいにするのにティッシュは欠かせないものとなっていますが、子どもの肌は敏感なので、気をつけていないとティッシュで口周りや鼻がかぶれたり荒れてしまいます。

そんな敏感肌の子どもたちのために、子ども用保湿ティッシュがあるのです。

ティッシュをよく使う子どもの肌を考慮したティッシュを使うことで、肌荒れを防ぎます。

大人用の柔らかい素材の保湿ティッシュを、子どもが使うミニポケットティッシュケースに入れてあげる形でも良いでしょう。

いずれも、園の規定を確認した上で、ティッシュを選びましょう。

ティッシュケースの作り方

布地を切る

それではここで、簡単に作れちゃうティッシュケースの作り方をご紹介します。

必ず手作りでとの指定がある園や、オリジナルケースを作ってあげたいママさんはぜひ参考にして下さいね。

<準備するもの>

・生地(20cm×13cm ミニポケットティッシュのサイズ)

・ミシン

・裁縫道具

<作り方>

1、生地を20cm×13cmに切る。

2、周りを一周ジグザグミシンをかける。

3、13cmの辺を3cm中表に折る。

4、3を2mmでおさえてミシンをかける。

5、布の中心にティッシュがくるように中表に折る。

6、取り出し口が3mm程度重なるように折る。

7、端7mmを縫い代で縫う。

8、表に返して出来上がり。

工程が多いように思いますが、直線縫いなのでミシンも難しくありません。

端切れでいくらでも作れるので、子ども用だけでなく大人用も一緒に作ってみても良いですね。

サイズは、持っているポケットティッシュに合わせて調整してください。

また、ご家庭にミシンがなくても手縫いで十分作ることができます。

ミニポケットティッシュケースなら、小さいので作業の時間も手間もかかりません。

上級者ママさんは、色んな布を組み合わせて作ったり、刺繍を入れたりとかなり凝ったおしゃれケースを作っています。

スポンサーリンク

おすすめのティッシュケース

手作りティッシュケース

上記では、ポケットティッシュケースをご紹介しましたが、最近の主流として制服の腰につけるお出かけポケットが人気を集めています。

ほとんどの制服にはポケットがついていますが、小さくてすぐに物を落としてしまうことも多いため、クリップタイプの留め具で腰部分に留めて使います。

ハンカチ・ティッシュが入る大きさでいつでも取り出しやすいので、使っている子を多く見かけるようになりました。

お出かけポケットを使うことで、幼児期からハンカチ・ティッシュを持ち歩くという習慣を身につけさせることが出来ます。

小学生でも使う子が多い便利アイテムです。

今回は、そんなお出かけポケットのおすすめをご紹介していきます。

スケーター お出かけポケット ディズニーシリーズ

キャラクターの種類が豊富なスケーターより、ディズニーのお出かけポケットが女の子に大人気となっています。

つけているだけで、存在感抜群・お友達からも羨ましがられちゃうくらい素敵なポケットです。

同じデザインのタオルや水筒もあるので、セットでの購入もおすすめです。

ショルダー紐がついているタイプなら、ショルダーポーチとしてちょっとしたお出かけに行くときにも活躍しそうですね。

お値段は約1000円となっています。

サンエックス すみっコぐらし ハッピースクール ポケットポーチ

続いては、サンエックスのすみっコぐらしのポーチです。

ほのぼのとしたキャラクターが癒し効果抜群で、男の子・女の子問わず人気があります。

ファスナー付きポケットが一つ付いているので、物の紛失防止にもなります。

クリップ部分についてですが、年少さんなど力が弱い子どもには、少し取り外しが難しいところがあるので、ママや先生がやってあげると良いでしょう。

お値段は約1200円となっています。

スケーター お出かけポケットバッグ トイストーリー

男の子からの人気が高いトイストーリーのポケットバッグです。

マジックテープが付いているので、走ったり遊びまわっても中身が飛び出たりする心配がありません。

かっこいいキャラクターたちが全面にプリントされていて、トイストーリー好きの子なら喜んで毎日使ってくれそうですね。

少し大きめサイズなので、分厚いハンカチやミニポケットティッシュを2枚ほど入れてもすっぽり入ります。

お値段は約990円となっています。

高波クリエイト ミニオンズ ポケットポーチ

近年、人気が高まっているミニオンズのポーチです。

ユニークなキャラクターがとっても愛らしくて子どもたちも大好きです。

見ているだけで楽しいたくさんのミニオンがプリントされたポーチを持っていれば、きっとみんなの人気者です。

幼稚園・保育園にはもちろん、お休みの日にも普段使いできますね。

お値段は約1400円となっています。

ティッシュケースって意外と高いんだなと思いましたか。

欲しいデザインが既製品にあれば、子どもの好きなものを重視して選んであげましょう。

手作りなら、端切れを使うなどとってもお財布に優しく作ることができます。

使うのは子ども自身ですので、布を選ぶときは子どもの好みのものにすると喜んで使ってくれるでしょう。

ティッシュケースのお名前付け方法

女の子向けのティッシュケース

どんなティッシュケースを作るか、購入するか決めましたか。

大切なケースには、しっかりとお名前をつけましょう。

布製品は以下の3つのタイプでお名前付けすることが出来ます。

ご家庭にあるものや、準備できそうなものでお名前付けしてあげてくださいね。

アイロンタイプのお名前シール

一つ目は、アイロンタイプのお名前シールです。

アイロンを当てることでシールがくっつきます。

手軽に付けられるので、多くのママたちが使っています。

洗濯を繰り返すと、端の方から剥がれてくる可能性があるので、端を軽く縫ってあげると頑丈になります。

お名前を外側につけるのに抵抗がある場合は、ポーチをめくった内側に貼り付けても良いでしょう。

コットンシール

2つ目は、コットンシールです。

コットンシールとは、いろんなところに貼って剥がせるコットン布のシールです。

木やガラス、アイロンできないものにも使える優れものです。

粘着も強いので、簡単には取れません。

ネットショップでオーダーできるので、オリジナルのかわいいシールを作ることができます。

1セット持っていると何かと使えるのでおすすめですよ。

お名前スタンプ

3つ目はお名前スタンプをつけるやり方です。

スタンプは押すだけという手軽さから、一つ持っていると小学校へ行っても使えるので重宝します。

漢字やひらがな・カタカナ・英語など、様々に対応しているので、もちろんティッシュケースにもきれいに押すことができます。

洗濯を重ねたり汚れがひどくなると、薄れてきたりする可能性もありますが、また押し直せば良いので、ママにとっても楽々アイテムですね。

おすすめのスタンプは、ママに大人気の「すいみ〜」です。

ぜひネットで検索してみてください。

この3つの方法以外にも、裁縫が得意なママさんであれば刺繍でお名前をつけてあげるのも素敵ですね。

刺繍ならお名前が消えることも、剥がれることもないので安心です。

先生の本音

ティッシュを取る女の子

子どもたちが持ってくるティッシュやティッシュケースに日々色んな思いを抱いているのが、幼稚園・保育園の先生です。

流行りのディズニーキャラクターや、かわいい柄がついているもの、かっこいい戦隊レンジャーなどのティッシュを、嬉しそうにポケットに入れて持ってくる子どもたち。

そんな姿を見て先生たちは思うのです。

「毎日毎日、色んな種類のティッシュを持ってきては友達と交換っこして、園に持ってくる必要あるかな?」と。

特に女の子が多いのです。

クラスには、ボックスティッシュを置いているので、園生活の中ではこのティッシュをみんな使っています。

自分たちが持参したティッシュを使ってももちろん良いですが、いつも掃除をするときに床にボロボロと落ちていたり、なぜか未使用のままゴミ箱に入っていたりするのです。

自分のかわいいティッシュを友達と見せ合いっこしては、一枚ずつ交換し合っている光景をみるたびに、ただ園に持ってきてるだけで、ティッシュの役割が果たせていないと感じてならないのです。

交換したところで、もらったティッシュを使うわけでもなく、大事そうにカバンにぐしゃっと入れたりしています。

正しい使い方を教えても、なかなかお友達との楽しいやりとりの方に夢中で、言ったそばからまた交換し出すことになるのです。。

たとえ、園外でこのようなことをしていたとしても、保護者がそれを見て声をかけるかと言ったら、悪いことじゃないからと特に何も言わないでしょう。

ティッシュ一枚とっても、限られた資源です。

万が一のケガや防災の時に役立てるものになります。

友達とのお遊びに使うものではないということを、家庭でも園でも両者が日々声がけしていくことで、子どもに意識づけさせることが出来ます。

ティッシュをティッシュとして使えるように、園にどうしても持たせたいのであれば、使い方や扱い方を教えましょう。

あんなに愛着を持っていた数分後に落として、いつまでもずっと落し物ボックスに眠っていることが日常茶飯事です。。

まとめ

鼻をかむ女の子

今回は、ティッシュケースについてご紹介してきました。

そもそもティッシュを持っていける園と、特にルールがない園もありますよね。

ケースのことまで深く考えたことがなかったというママさんも多いのでは。

しかし、現場の先生たちは子どもたちが持ってくるティッシュに対して、時には困ることも、時には怒ることもあるのです。

ティッシュやティッシュケースなんて何でもいいじゃんと、大人だったら思ってしまうところですが、幼稚園・保育園は子ども社会です。

初めての集団生活では、ちょっと細かいことでも決まりを作ることが大切な場合もあるのですね。

これから通う園がどんな使い方をしているのか、聞いてみたり様子を見に行ってみても良いでしょう。

ポケットティッシュを常備することは、子どもに限らず習慣化されていることでとても便利です。

幼児期からその習慣をつけておけば、大人になってからも社会人のマナーとして自然に持ち歩けるようになります。

子どもには、無理強いして持たせるのではなく、ティッシュを持っているとこんなに便利なんだよということを日頃から話しておくと、自分から持ち歩こうと意識を働かせるようになっていきます。

ティッシュ・ティッシュケース選びの参考にしてくださいね。

お名前防水シール
アイロンシール
お名前スタンプのバナー
スポンサーリンク

お名前シール製作所のご紹介

お名前シール製作所
パッと貼るだけ!お子様の入園・入学に可愛いシールを。簡単かわいいお名前シールは550種類のデザインからお選びいただけます。
防水シール・アイロンシール・お名前えんぴつ・お名前スタンプはお名前シール製作所まで♪
商品を見る

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

-保育園・幼稚園の入園準備, グッズ別
-, ,

Copyright© 1人目のママ応援コラム|お名前シール製作所 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.