投稿

布マスクに、お名前シールを貼ってみよう!

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

マスクが店頭・市場からなくなりしばらく経ちました。

かねてより報道されていた、政府による布マスクの配布がついに始まりましたね。

今回配布されたマスクは大人用だそうです。

「子供用マスクについても不足している」という声は周りでもたくさん耳にしています。

マスクが手に入らずで、手作りマスクを作成されている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

中でもガーゼで作る布マスクを使用されている方はとても多いのではないでしょうか。

そこで、今回は洗って使う布マスクにおすすめのお名前付け方法について考えてみたいと思います。

政府からの布マスクの配布開始

政府が全国すべての世帯への布マスクを配布

新型コロナウイルスの感染防止のための政策です。

全国の世帯に向けて一住所あたり2枚ずつ布製マスクが配布される事になりました。

4月17日より東京都から順次配布がスタートし、感染者数の多い地域から順に配達。

5月中に全国へ配布完了する予定だそうです。

届く布マスクが思ったよりも小さい?

報道で「思ったよりも布マスクのサイズが小さい」とありましたが、実際はどのようなものが届くのでしょうか?

厚生労働省のホームページを確認してみると、「縦9.5cm、横13.5cm」と記載があります。

「女性用・小さ目サイズ」として売られている使い捨てマスクくらいのサイズですね。

男性が装着すると小さ目に感じるかもしれませんが、口や鼻は十分覆われるサイズではないでしょうか。

届いたマスクをリメイク

配布が始まったばかりですが、届いたマスクをもっと使い勝手のいいものにしようと、リメイクしているという人も。

  • 小さすぎる
  • お子様用のマスクが足りない
  • 着け心地にこだわりたい

そんな時には配布されたマスクをリメイク素材として使用してみるのも一つの方法ですね。

市販のガーゼと合わせて、プリーツマスクや、立体マスク、可愛い柄マスクにリメイクしたり。

様々な工夫をしている方もいるようです。

布マスクにお名前シールを貼る3つのメリット

外出時はもちろん、学校再開後もマスクは必需品として変わらず着用する必要があります。

文部科学省より発表されている「学校再開ガイドライン」にも、集団感染のリスクへの対応として「マスクの使用」が記載されています。

ご家庭での利用から学校再開後までを見つめて、お名前シールを貼る3つのメリットをご紹介したいと思います。

メリット1:マスクの取り違えを防止

布マスクは家族でまとめて洗います。

同じ白いマスクだと、誰のマスクだったかわからなくなってしまう場合もあります。

また、学校再開後を考えてみましょう。学校でマスクを外してしまい誰のものかわからなくなってしまうなんてシーンも考えられますよね。

他の子のものと取り間違いを防ぐためしっかりとお名前付けが必要です。

そんな時のために自分の持ち物の目印として、お名前シールを使うのもおすすめです。

メリット2:洗濯しても剥がれないで長持ち

布マスクの素材であるガーゼ生地。マジックでお名前を書くと滲んでしまいがちです。

アイロンシールは布にしっかりと馴染んでお洗濯しても剥がれにくい素材です。

また文字が薄くなるといった心配もありません。

メリット3:マスク嫌いの子どもを可愛いシールでご機嫌に♪

マスクをすぐに外してしまう子どもや、着けるのを嫌がる子どもも多いですね。

マスクを着けさせたいのにつけてくれない、と悩んでいるお母さんもたくさんいる事と思います。

そんな時の対策の一つとして、子どもの大好きなシールを活用してみてはいかがでしょうか?

お気に入りのイラストをお子さんに選ばせてあげませんか?

自分で選んだお気に入りのシールがついているだけで、喜んでマスクを付けてくれる子もいます。

「これは自分のマスク」と愛着を持たせる事もできますよ。

布マスクでお名前シールを貼る場所はどこ?

実際に布マスクにお名前シールをつけるならどこに貼るのが良いのでしょうか?

指で掴んで、剥がれにくい箇所

お名前シールを貼る時、マスクの内側・上下どちらかに貼るのがおすすめです。

外出時にも着用するので、防犯対策として見えない内側に名前を付けましょう。

紐や縫い目に重ならない場所がアイロンで貼り付けやすいです。

指で触れる場所はどうしても剥がれやすくなるので、なるべく指で触らない場所に貼付けましょう。

また、お名前シールを貼る位置はいつも一定にしてあげるといいですよ。

シールの位置をマークとして、マスクの上下裏表を子どもに覚えてもらえるので、一人でマスクを着ける練習にもなります。

お名前シールを長持ちさせるコツ

せっかく貼ったお名前シール、何度も貼るのは面倒です。できる限り長持ちさせたいですよね。

長持ちさせるに、まずは貼り方が重要なんです。

  • 固めのアイロン台や雑誌などを使用

ふわふわのアイロン台の場合、圧力を均等に加えられない場合があります。柔らかいアイロン台をお持ちの場合は雑誌等で代用してみてください。

  • アイロンの温度は中温・ドライ

スチームは使用せずにドライの状態で使用してください。

  • 3回に分けてプレス

1回目:全体をアイロンの穴の無い平らな部分でプレス

2回目:アイロンの先端を使用して、シールの端部分をプレス

3回目:再度全体をアイロンの穴の無い平らな部分でプレス

こちらに詳しい貼り方の動画もありますのでよろしければ参考にしてくださいね。

アイロンシールの貼り方はこちら    ラバーシールの貼り方はこちら

長持ちさせるお手入れ方法

マスクは1回着用したら洗いましょう。

また、汚れが付着した場合は都度洗うようにしましょう。

お洗濯の際は、洗濯機に入れずに、手で押し洗いすると布マスクもシールも長持ちしますよ。

どうしても洗濯機で洗いたい場合は、なるべく小さな洗濯ネットにいれて洗濯するようにしてください。

また、長時間の着け置き洗いは避けて下さいね。

布マスクにおすすめなお名前シール

布用マスクといっても、白いシンプルなガーゼのものから、可愛い柄物などのバリエーションがあるかと思います。

マスクのデザイン、柄別でおすすめのお名前シールをご紹介したいと思います。

白い布マスク

白い布マスクにはアイロンシールがおすすめです。

ハサミでカットしてアイロンで圧着して貼付けます。

下地が透明かつシール自体が薄手なので、生地なじみがとってもいいですよ。

アイロンシールのバナー

柄物の布マスク

シールの下地が白でできたラバーシールがおすすめです。

布地の色柄に左右されずお名前を付けることが出来ますよ。

ラバーシールのバナー

淡い色の無地布マスク

仕上りイメージでオススメのシールは変わってきます。

白い布マスク同様に本体布地にイラスト・お名前を馴染ませるならアイロンシールがおすすめです。

ただし、イラストのカラーと生地のカラーの組み合わせによっては見えづらくなってしまうので注意してくださいね。

逆に、しっかりお名前部分を目立たせるならラバーシールがおすすめです。

まとめ

今回は布マスクのお名前付けについて考えてみました。

お子様の安全性を高めつつ、楽しくマスクを使ってもらえるように、可愛いお名前シールを活用してみるのはいかがでしょうか?

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

-読み物記事コンテンツ

Copyright© お名前シール製作所 スタッフブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.