投稿 2020年3月4日 更新

【箸 はし】保育士ママ直伝!子どもが使いやすい箸選び・練習法と名前付けのコツ

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

子供用の箸

子どもの箸デビューは、一般的には2歳児〜3歳児とされています。

保育園や幼稚園に通う子どもも、この時期から箸デビューをするため、園用の個人箸を用意します。

でも、子どもにとってどんな箸が使いやすいのか、頭を抱えるママも少なくないと思います。

そこで、今回は

  • 箸デビューを迎える子どもが使いやすい箸の選び方
  • 園用の箸箱はどんなタイプが使いやすい?
  • 【保育士ママ直伝】箸の持ち方練習法
  • 入園準備の名前付け 箸・箸箱の場合は?
  • 子ども・先生が分かりやすい名前シールの位置
  • 箸・箸箱に貼り付けた名前シールの耐久性はどれくらい? 

について、元幼稚園教諭&現役保育士の私がおすすめするポイントを織り交ぜながらご紹介します。

箸デビューを迎える子どもが使いやすい箸の選び方

毎日給食の時間に使う箸。どんなものが子どもにとって使いやすいのか、初めての箸デビューを迎えるママにとって悩みどころですよね。

どんな箸のタイプがあるのか、子どもにとって使いやすい箸とは?について保育士目線でお話します。

子ども用箸の長さはどれくらいが良い?

子ども用箸と言っても長さはまちまちです。

子ども用箸選びのポイントは、大人用箸の選び方と同じです。

90度の角度

利き手の親指と人差し指でピストルのような形を作り、親指〜人差し指の長さを測ります。

この長さの1.5倍の長さがその子どもにとって使いやすい箸の長さになります。

ちなみに…

▶8歳になる娘は9センチ✕1.5→箸の長さ:13.5センチ(15センチ)

▶4歳になった息子は7.5センチ✕1.5→箸の長さ:11.25センチ(13センチ)

▶私は11センチ✕1.5→箸の長さ:16.5センチ(18センチ)

がベストの長さでした。

ピッタリの長さがなくても、同じくらいの長さで大丈夫です。

子どもの成長に合わせて、手の大きさも変わっていきますので、進級するたびに測り直してあげると良いですね。

使いやすい!子ども用箸のポイント

子どもの指先の長さを測ったら、子どもにとって使いやすい箸のポイントも意識して子ども用箸を選びましょう。

子どもにとって使いやすい箸のポイントは

  • 持ち手は太め
  • 滑り止めつきのもの
  • プラスチック<竹・木製などの自然素材

です。

持ち手は太めのほうが安定感が得やすく、バランスが保ちやすいので、持ち手は太めを選びましょう。

また、箸の扱いに不慣れな幼児期は、ツルツルと箸で掴んだ食材が滑るたび、箸で掴む作業が億劫になりがちです。

特にプラスチック製の箸は、ツルツル滑りやすく、箸デビューして間もない子どもには不向き。

箸がうまく使えないストレスから、「箸を使いたくない!」と箸を投げ出すこともあります。

箸の先

箸先に滑り止め(ギザギザした線)付きの箸を選ぶのがベターです。

箸の種類にはどんなタイプがある?

箸の種類は、大きく分けて2種類あります。箸デビューすると、毎日使う箸だからこそ、子どもに合った使いやすい箸を選んであげたいですよね。

ここでは、タイプ別の選ぶポイントについてそれぞれ紹介します。

①天然素材(竹・木製)

子供用の箸

すべりにくく軽いので、食材をはさみやすく、持ちやすいので保育園や幼稚園用の箸としておすすめです。

丈夫なので、落としたり投げたりしても壊れにくいです。

ただ、箸をかじる癖のある子どもには折れやすいので不向きです。もし、折れたとしても、欠ける感じではなく、キレイに折れるので安心ではあります。

②プラスチック製

黄色い子供の用の箸

100均でも購入出来るプラスチック製の箸は、手軽にお手入れも可能なのがママにとって嬉しいですよね。

ただ、ツルツルしたプラスチック製は、箸デビューしたての箸に不慣れな子どもには不向きです。

箸使いに慣れてきた頃に滑り止め付きのプラスチック製の箸も兼用し、いろいろな素材の箸に触れるようにすると良いですね。

小学校までに箸使いをマスターして、プラスチック製の箸にも移行出来るように練習していきましょう。

園用の箸箱はどんなタイプが使いやすい?

保育園や幼稚園に持っていくときには、箸と箸箱はセットになります。

次は、子どもにとって使いやすい箸箱のお話をします。

使いやすい!子ども用箸箱のポイント

箸箱の種類は、大きく分けて3種類あります。箸と一緒に使う箸箱は、なるべく子どもにストレスのかからない使いやすい箸箱を選んであげたいですよね。

また、箸箱は食事中よく落ちてしまうアイテムですので、落ちても壊れにくいタイプを選ぶと長く使えますよ。

ここでは、タイプ別の選ぶポイントについてそれぞれ紹介します。

①スライド式

おすすめの子供用の箸

左右に引っ張るようにして開けるスライド式の箸箱は、子どもの小さな力でも開けやすくなっています。

スライド式でも、半円の持ち手がある箸箱の方がより開きやすいので、持ち手付きのタイプを選びましょう。

スライドさせるタイプは、ケース同士の強度も高いですよ。

②ワンプッシュオープン式

箸箱

ボタンを押すとパカッと開くワンプッシュオープン式の箸箱も、小さな子どもでも開きやすい形状です。

ケース同士の接合部分が小さいため、落ちたりパカパカし過ぎたりすると壊れやすいのが難点です。

子どもにとっては、ボタン1つでパカパカ開きやすいので、食事中に箸箱で遊び始めたり、壊れやすかったりするので保育士としてはおすすめしません。

③ハーフケース

箸の抜き差しだけでしまえる、箸の半分が収納出来るケースです。

箸の抜き差しだけなので、小さな子どもでも簡単に出来るのでおすすめです。

ただ、対応サイズが18センチ〜と大きめなので、残念ですがお箸デビューの子どもには使えません。

【保育士ママ直伝】箸の持ち方練習法

いつからお箸練習するかは個人差が大きいため、一概にいつからとは言えませんが、2歳〜3歳くらいにお箸トレーニングを開始するご家庭が多いです。

我が家は、長女は2歳6ヶ月くらい、長男は2歳くらいにお箸デビューしました。

お箸トレーニングの開始目安は?

  • 下持ちが上手に出来るようになったら
  • ピースが出来るようになったら

お箸トレーニングの開始目安として、下持ちが上手に出来る・ピースが出来ることがあります。

「下持ち・ピースが出来る=手先が器用になっている」サインで、お箸トレーニングにちょうどよい時期になっています。

お箸を持つために大切なのは、親指・人差し指・中指の3本の指の力と手首を回転させる力です。

この3本の指の力が未発達だと箸を上手に支えることが出来ません。下持ちが上手に出来るようになったら、鉛筆を持つように、親指・人差し指・中指の3本を中心に握るように練習してみてください。

箸の上達は個人差が大きく、また本人のやる気の問題もありますので、気長に少しずつ練習しましょう。

箸の持ち方の練習方法

①「上の箸」の持ち方を練習する

箸の持ち方

まず、1本の箸で「上の箸」の持ち方の練習をします。

鉛筆を持つように、親指・人差し指・中指の3本の指で持ちます。

②箸を上下に動かす練習をする

箸の使い方を練習

数字の「1」を書くように箸を上下させます。

《ポイント》

人差し指・中指を少し曲げるように意識させる声かけをしましょう。

③「下の箸」の持ち方の練習をする

箸を持つ

次に「下の箸」の持ち方の練習をします。

親指と人差し指の付け根の部分で箸を挟み、薬指の爪の横にあてて固定します。

下の箸はこのまま固定し、動かさないようにするのが基本になります。

④2本の箸の持ち方を練習する

箸をしっかりと持つ

2本の箸先を揃え、2本の箸を持ちます。

下の箸は動かさず、上の箸だけを動かすように繰り返し練習しましょう。

《ポイント》

  • 上の箸は、親指を支点として、人差し指・中指で挟むようにして上下に動かします。(親指は上の箸を支えるだけ!)
  • 下の箸は動かさない。

継続は力なり

箸の練習は、なかなか上手くいかず親子共に心が折れてしまうことも…。

初めから子どもに任せるのではなく、大人が手を添え、一緒に箸で掴める経験を積み重ねていきましょう。

子どものペースに合わせてゆっくりで大丈夫です♪

子どもの集中が切れたら、箸→フォークやスプーンに切り替えて、子どものやる気の芽を摘まないように少しずつトレーニングするようにすると良いですね。

また、頑張っている姿をたっぷり褒めてあげると、子どものやる気アップに繋がります。

「なかなか出来ない!」とイライラせずに、「今日はここまで頑張れたね」と気長〜に練習しましょう。

入園準備の名前付け 箸・箸箱の場合は?

入園準備の名前付けは、いろいろなアイテムがあるからこそ、どの名前付け方法が簡単&丈夫なのか悩みますよね。

そこで、二児の母、そして現役保育士の私が実際に行ったり、見てきたりした箸・箸箱のおすすめの名前付けの方法をご紹介します。

名前ペン(油性ペン)で直接書く

箸箱とサインペン

勇気がいりますが、一番コストがかからず、手軽な方法です。

油性ペンで名前付けをするなら、極細タイプにしましょう。細いタイプでは、文字が潰れ、何を書いてあるのか分かりません。

油性ペンだけだと、洗うたびに文字が薄くなり、見えにくくなります。

強度をあげたい場合は、油性ペンで書いた上にセロハンテープで保護すると多少消えにくくなります。

箸の名前付け場所

ただ、セロハンテープの隙間から汚れや水が入るみたいで写真のように汚れたり、文字が滲んだりしていきますので、あまりおすすめ出来ません。

写真は、半年くらい使用している娘の箸です。名前付け部分が滲んで名前が分かりにくくなっていますよね…。

名前シールを貼る

箸に名前シールを貼る

最も簡単&失敗なしの方法です。名前シールは剥がれやすいのでは?と思われがちですが、意外と一度貼り付けると、長い間付いたままで剥がれにくいんですよ〜♪

毎日の給食のたびに使い、毎回洗う箸・箸箱は、防水タイプがおすすめです!

食洗機を使用中または検討中のご家庭は、食洗機OKの商品を選ぶと安心ですね。

保護フィルム付きのお名前シールで角が丸いタイプの方がより丈夫なので、防水タイプを選ぶのなら、保護フィルム付き✕角丸タイプにしましょう。

オーダーする際は、線が太く、大きくハッキリした字体を選んでもらえると保育士としては嬉しいです。

お名前スタンプを押す

プラスチックや金属対応の万能インクがあれば、お名前スタンプでも名前付け出来ます。

ただし、箸箱はフラットなので問題ないですが、箸は丸みを帯びているのでスタンプしにくいです。

箸には、お名前スタンプ以外で名前付けしましょう。

子ども・先生が分かりやすい名前シールの位置

せっかく名前付けをしても、剥がれたり消えたりしたら一からやり直し……できるだけ、名前付けはやり直しせず、剥がれることなく名前付けした当初の状態をキープさせたいものですよね。

では、どこに名前付けをしたらベストなのか?子どもに分かりやすい・保育士が見やすい位置を教えます。

子どもが分かりやすい位置は、「手を添える場所」です。手を添えるために無意識に見ているため、名前が確認しやすく、分かりやすい位置になるのです。

箸・箸箱で子どもに分かりやすい位置は、箸は持ち手近く箸箱へは側面や裏側近くです。

箸箱に名前を書く

特に箸箱は、ケースを外して使うことも想定して、蓋と底両方に名前付けをしておきましょう。

箸箱の蓋は、箸箱側面に。箸箱の底は、裏側に名前付けをすると分かりやすく、剥がれにくいです。

箸の名前付け場所は上

箸は、持ち手近くの指が当たりにくい位置に貼ると、分かりやすく剥がれにくいです。

箸頭に柄が付いている場合は、柄を邪魔しない程度に少し下側にずらし、名前付けしましょう。

箸・箸箱に貼り付けた名前シールの耐久性はどれくらい?

名前シールで名前付けを検討中のママは、どの名前付けの方法が箸・箸箱と相性が良いのか気になりますよね。

「細い箸には名前付けが大変そう…」

「毎日洗う箸・箸箱は、名前付けしたあとの耐久性ってどうなの?」

など、名前付け方法について、いろいろと心配になりますよね。

そこで、箸・箸箱✕防水タイプのお名前シールの耐久性についてお話します。

毎日洗う箸・箸箱ですから、水濡れに強い防水タイプがおすすめです!

また、同じ防水タイプの名前シールを選ぶなら、保護フィルム付きの商品にしましょう。

保護フィルムがないと、毎日洗うことでインクが剥げやすく、文字や背景色が徐々に薄れていきます。

100均✕防水タイプ

箸箱に名前シール

防水タイプのお名前シールは100均にもありますね。手軽に買えるので我が家でもよく使います。

使い方は比較的簡単!

①シールを剥がし、油性ペン(名前ペン)で名前を書き入れます。

②名前付けをしたい位置にシールを貼り付け、上にある剥離紙をスライドさせるように剥がして保護フィルムを貼り付けて完了です。

2ステップで簡単な方法ではありますが、保護フィルムがよれやすいため、貼り付けるたび(個人的な感想ではありますが)プチストレスが発生します(泣)

箸箱と名前シール

写真のように、保護フィルムがよれてしまうので、貼り付けるときに注意が必要です。

【簡単でおすすめ】防水タイプ

そこで、いろいろ試した結果、防水タイプで我が家が採用したのはこちらです。

お名前防水シール

購入後、すでにラミネート加工されているので、シートからめくれば貼り付けるだけで完了しちゃうのでおすすめです。

しかも、角丸にカット済なので、摩擦が起きにくく剥がれにくい仕様になっていておすすめです。

我が家は息子は乗り物柄、娘はスイーツ柄で分けているのですが、それぞれ友達にも人気みたいです♪

箸・箸箱の名前付けは、名前シールが簡単&キレイ

箸箱にお名前シールをつける

毎日の食事で使い、汚れて返ってくる箸は、洗う回数も多く、名前付け部分が痛みやすいアイテムです。

毎日使いますので、洗うたびに状態をチェックし、痛み具合に応じて定期的に買い替え、なるべくキレイ&清潔に使わせてあげたいですね。

お名前シールを使えば、自分のお気に入りのマークが付いていて子どもの気分もアップしますし、何よりママのお手入れが簡単です。名前シールを子どものオリジナルマーク替わりに使うのも良いですよ◎

お名前防水シール

お名前シール製作所のご紹介

お名前シール製作所
パッと貼るだけ!お子様の入園・入学に可愛いシールを。簡単かわいいお名前シールは550種類のデザインからお選びいただけます。
防水シール・アイロンシール・お名前えんぴつ・お名前スタンプはお名前シール製作所まで♪
商品を見る

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

-保育園・幼稚園の入園準備, グッズ別
-

Copyright© 1人目のママ応援コラム|お名前シール製作所 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.