投稿

大人も子どもも盛り上がる手遊び大特集!

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

手遊びをする子供

手遊びって子どものための遊びなのは確かですが、今どきは体全体を使って楽しめる手遊びや、思わず笑ってしまうようなおもしろ手遊びがいっぱいあります。

やっている大人もついついハマってしまう大人気の手遊びを大特集していきますよ。

先生やママにとって、手遊びの引き出しはいくらあっても困らないですよね。

明日の保育から使える盛り上がる手遊びを練習して、子どもとの絆を深めましょう!

手遊びをすることの意味

手遊びをする子供たち

手遊びは道具を必要とせず、自分の体一つで楽しく成長していける遊びです。

手を繋いだり、叩いたり、リズムや動きに合わせて遊ぶことで、人間としてこれから必要となる感覚や機能を毎日養っていくのです。

お友達や先生と一緒に笑ったり楽しい時間を過ごすことで、コミュニケーション能力が育ち、伝えたい・伝わりたいという気持ちが強くなります。

また、繰り返し同じリズムを行ったり、スピードアップしていくような手遊びを行うことで反射機能が発達し、手先が器用になっていきます。

さらに、手遊びに出てくる様々な動物やものなど、新しい知識に触れるたびに覚えていくことができるので、色々な物に興味や関心を示せるようになります。

どんな手遊びも覚えられるようになるコツ

親と子供の手遊び

幼稚園の先生にとって、新しい手遊びを子どもの前でやるときは、ちょっと緊張したり歌をきちんと覚えられるか不安だったりしますよね。

先生が止まってしまうと、子どもも分からずに戸惑ってしまいます。

どうすれば、どんな手遊びでも覚えられるようになるのか、以下2つのポイントを参考にしてみてくださいね。

同じ曲で色んなアレンジを作る

覚えられない原因の一つとして、メロディラインがたくさんあり、曲自体を思い出せないパターンがあります。

たくさんの曲の手遊びを知っていることは確かに素敵なことですし、日々の保育や子育てにも役にたちます。

ですが、手遊びで使われている曲は実は一つの曲で複数のアレンジをすることができます。

例えば、トントントントンひげじいさんでは少なくとも3つのアレンジバージョンを作ることができます。

同じ曲でも、内容が違うとそれだけで子どもは新しいものだと思って興味を惹かれます。

大きな声・小さな声・高い声・低い声など、トーンを変えて歌ったり、アレンジ方法は本当にたくさんあるのです。

定番の曲さえ知っていれば、その曲のアレンジというところから始めてみて、少しずつ新しい曲を増やしいけば良いですね。

体で覚える

頭では何となく分かったけど、いざ実践したいと思ったときにパッと出てこないなんてこともよくあるんですよね。

そういうときは、体を使って覚えましょう。

ここでいう体を使うとは、実践経験を多く積むという意味です。

思い出せないなら、メモをしておいていつでも見れるようにしておき、メロディが不安でも何度も子どもの前に立って実践していくのです。

覚えたいことや覚えたと思ったことは、実践をどんどんしていく中で、さらに磨かれて自分のものになるのです。

先生・ママ必見!これさえ覚えとけば子どもの興味を引ける手遊び3選

盛り上がる手遊びっていくつか知っているだけで、すごく役立つ場面がたくさんあります。

大人も一緒になって楽しめるものが多いので、こちらが楽しんでいる姿を見れば子どももテンションが上がって盛り上がってくれること間違いなしですね。

あたま・かた・ひざ・ぽん

アンパンマンバージョンで見たことがある人が多いのではないでしょうか。

あたま・かた・ひざ・手をたたいてぽんを繰り返します。

♪ あたま かた ひざ ぽん

   ひざ ぽん ひざ ぽん

   あたま かた ひざ ぽん

   め はな くち

め・はな・くちはそれぞれの部位をタッチします。

どんどんスピードアップさせると子どものテンションもマックスになり、必死になってついていこうとします。

おちたおちた

おちたおちたは、ある程度の物が分かる4歳以降がおすすめです。

色んな物や人などが上から落ちてくるのを、自分の体でキャッチしたり守ったり。

大きさや重さなどが分かる年齢になってくると、ちょっと難しい物を落として子どもの反応をみるのも面白いです。

♪ (先生)おーちた おちた

   (子ども)なーにが’おちた?

   (先生)バナナ!

   バナナをキャッチできるように両手を出す

   〜繰りかえし

チョキチョキダンス

軽快な音楽が思わず体も踊り出してしまう手遊びです。

両手を器用に使って、愉快にダンスを楽しみましょう。

歌詞を変えて色んなアレンジができるので、何回やっても子どもたちも飽きずに盛り上がってくれること間違いなしです。

♪ららら みぎて ららら ひだりて

 ららら みぎてをくるりんぱ

 ちょきちょきダンスを みんなでおどろう

 パパン パパンパンパン イエーイ! 

季節やシーンに合わせた盛り上がる手遊び

保育士が手遊びを披露している様子

一年中楽しめるものから、季節やシーンで使える手遊びもあります。

幼稚園では、季節感や行事をとても大切にしていますので、導入として盛り上がる手遊びを知っていると、より興味を持ってくれるようになります。

ここでは、季節と行事に使える盛り上がる手遊びをいくつかご紹介していきます。

ちょっとした合間やフリータイムなどに子どもと一緒に楽しめるものばかりですので、覚えておくと便利ですよ。

お祭りやキャンプなど楽しいことがいっぱいの夏におすすめ!

夏には、縁日やお泊まり会・プールなど子どもたちにとって楽しい行事が盛りだくさんです。

中でも食べ物系の手遊びは人気で、お昼の前や縁日など行事が間近なときに行うと、子どもの興味も惹きつけられて楽しんでくれますよ。

・カレーライス

♪にんじん たまねぎ じゃがいも ぶたにく

 おなべで いためて ぐつぐつ にましょ

 おしお カレールー

 とけたら あじみて こしょうをいれたら

 はい できあがり

 むしゃむしゃ もぐもぐ

 おみずも ごくごく

 そしたら ちからが もりもり わいてきた

 最後は好きな決めポーズ

子どもたちも大好きなカレーライスの手遊びです。

カレーってどんな風に作られるのかを学ぶことができる上に、具材の名前を覚えることもできます。

最後は、みんなでかっこよく決めポーズをしましょう。

・そーめんつるつる

そーめんそーめん つーるつる

そーめんそーめん つーるつる

流しそーめん 3色そーめん ぶっかけそーめん ひやそーめん

そーめんそーめん つーるつる

そーめんそーめん つーるつる そーめん!

夏といえばそーめんですね。

そーめんと一言で言っても、色んな種類があります。

どんなそーめんが食べたいかなと語りかけてみたり、つるつるする食べ物を探したり、食への意欲を深めることにも繋がりますね。

クリスマス会で盛り上がっちゃおう!

12月のイベントといえばクリスマスですね。

幼稚園によっては、クリスマス会を盛大に行うところもあれば、一切クリスマスに関わることはしない園もあるでしょう。

ご家庭でもクリスマス気分を味わえる手遊びをご紹介していきますので、12月になったらぜひやってみてくださいね。

・サンタは忙しい

クリスマスの日は サンタはいそがしい

せかいじゅうにプレゼント とどけるからさ

プレゼントをかぞえて ふくろにいれて

ソリをみがいて トナカイつないで

ソリにのって エントツくぐって

プレゼントとどけて ほっとひといき

サンタはいそがしい サンタはいそがしい

子どもなら誰しも気になるサンタさんってクリスマスまでどんなことしているのか。

この手遊びをしていると、サンタさんって以外とやることがたくさんあって忙しいんだなと感じますね。

わたしのうちにもサンタさんちゃんと来てくれるかな・・・と期待を寄せながらワクワクした気持ちになって行える手遊びです。

・クリスマスいとまき

いとまきまき いとまきまき

ひいて ひいて トントントン

いとまきまき いとまきまき

ひいて ひいて トントントン

でーきたできた サンタさんのぼうし

いとまきまき いとまきまき

ひいて ひいて トントントン

いとまきまき いとまきまき

ひいて ひいて トントントン

でーきたできた サンタさんのめがね

サンタさんのおひげ・サンタさんのブーツなど他にも色んなアレンジができます。

いとまきまきは繰り返しが面白い手遊びです。

慣れてきたらスピードアップしたりして楽しむのも良いですね。

クリスマスの画像

美味しい食べ物がいっぱいの秋におすすめ!

秋になると収穫祭やお芋掘り、芋煮会など美味しい食べ物に関する行事などが多いですよね。

秋らしい手遊びで食への意欲を高め、季節を楽しみましょう。

・きのこ

き き きのこ  き き きのこ 

のこのこのこのこ あるいたりしない

き き きのこ  き き きのこ 

のこのこのこのこ あるいたりしないけど

ぎんのあめが降ったらば

せがのびてく ぐるるるるるるるる

いきてる いきてる

いきてる いきてる

きのこは いきてるんだね

き き きのこ  き き きのこ 

にょきにょきにょきにょき うでなんか出さない

き き きのこ  き き きのこ 

にょきにょきにょきにょき うでなんか出さないか

ぎんのあめが降ったらば

かさがおおきく なるなるなるなる

いきてる いきてる

いきてる いきてる

きのこは いきてるんだね

きのこという響きが何度も歌っているうちに可愛く聞こえてきます。

繰り返しの言葉によって、子どもにとっても覚えやすくリズムに乗りやすいですね。

・おてらのおしょうさん

せっせっせーの よいよいよい

おてらのおしょうさんが かぼちゃのたねをまきました

めがでて ふくらんで はーなが咲いたら じゃんけんぽん

こちらは、地域や年代によって多少アレンジが違うようです。

2人ペアで行ったり、先生に対してみんながまねして遊んだりしますね。

リズムに合わせて手を動かせるようになる4歳ごろから楽しめるでしょう。

春のお花や虫たちがかわいらしい!

春は冬の間に眠っていた虫やお花が顔を出して、明るい景色が広がる季節です。

手遊びの中にも、春らしい言葉がたくさん入ったものを取り入れることで、季節や自然に興味を持てるようになるでしょう。

・キャベツの中から

キャベツの中から あおむしでたよ ピッピ

おとうさんあおむし

キャベツの中から あおむしでたよ ピッピ

おかあさんあおむし

キャベツの中から あおむしでたよ ピッピ

おにいさんあおむし

キャベツの中から あおむしでたよ ピッピ

おねえさんあおむし

キャベツの中から あおむしでたよ ピッピ

あかちゃんあおむし

キャベツの中から あおむしでたよ ピッピ

かぞくのあおむし

ピッピと小さい指を出すところがとっても可愛らしい手遊びです。

指のそれぞれの名前を覚える練習にもなりますし、指先を細かく使うので脳にも刺激を与えられて、発達に良い効果を示します。

繰り返しの歌なので、子どもの先生も覚えやすいですね。

・つくしんぼうニョッキ

つくしんぼうがニョッキ ニョッキ

つくしんぼうがニョッキ ニョッキ

3本つくしがのびてきた

それ 1・2・3

つくしんぼうがニョッキ ニョッキ

つくしんぼうがニョッキ ニョッキ

5本つくしがのびてきた

それ 1・2

〜繰り返し

つくしが伸びてくる本数は、先生や歌っている人が決めるので、よーく聞いていないと、2本なのに3本のびちゃったなんてことに。

座ったままでも、立ってでも楽しめる体を動かす手遊びです。

ちょっとしたストレッチとしても、子どもが活動に飽きている様子などの時に切り替えとしてやるのもいいかもしれませんね。

手遊びをもっと楽しむためには

赤ちゃんの手

リトミックなどは年齢に関わらず楽しめる遊びがたくさんあります。

3歳向けの手遊びだとしても、ちょっとしたアレンジを加えるだけで5歳でも十分に飽きることなく盛り上がれる手遊びにすることもできますよ。

先生やママの工夫次第でもありますが、無理にたくさんの手遊びを頑張ってやろうとしすぎなくても、まずは先生やママ自身が一番楽しんで盛り上がっているかどうかです。

大人がなにやら楽しそうにしていると、子どもはすぐに惹きつけられてやってきます。

何より、手遊びは子どもたちとの大切なコミュニケーションツールの一つです。

手遊びを通して触れ合うことで、子どもとの絆が深まり、信頼関係を育みます。

いつもと違って楽器を取り入れてみたり、道具を使ってみたり、盛り上げる方法って実は身近に山ほどあるのです。

保育室やおうちにあるもので、子どもの心を掴んでたくさんの愛着表現をしてあげましょうね。

また、あえて手遊びを突然はじめるというやり方も効果的です。

子どもたちの落ち着きがないときや、注目してほしいとき、突然先生が歌って手遊びしはじめると、子どもは少しずつこちらをみてくれるようになります。

最初はゆっくり歌いながら、徐々に手遊びを早くしていくと、気になり出して注目してくれるようになります。

みんなが注目してくれるようになったら、子どもたちと一緒にできるスピードで楽しみましょう。

日々子どもたちと向き合う先生の声

手遊びをする子供の手

保育の現場では、先生たちの創意工夫によって子どもたちを楽しませようと色んな取り組みが行われているのです。

中でも手遊びは、ちょっとしたスキマ時間や静かにしてほしいときにこれは絶対使える!というのを一つは絶対に持っていたいものです。

毎日成長する子どもたちとの生活は、どんなに工夫を凝らした保育や手遊びをしていても、びっくりすることや予想外のことも起こるのです。

ある先生は、子どもたちを盛り上げるために楽しい手遊びを準備していました。

いざ、子どもの前でやるとみんな大爆笑でノリノリになって手遊びしてくれました。

大成功だった手遊びをしばらくして後日再び行うことになります。

2回目ですが、子どもたちは一度やったことがあって知っているからスムーズにテンポをはやくしても、たくさん盛り上がってくれました。

そして、とある行事の前に子どもたちの気持ちを一つにしたいと思い、盛り上がる手遊びをしました。

すると、もう全然盛り上がらず、これは飽きた〜とだらだらしてしまいました。。

3回しかやっていないのに飽きたなんて・・・最初に一気に盛り上がりすぎて冷めてしまったのかと感じたそうです。

やはり、子どもの気分はコロコロ変わりますので、手遊びにも工夫が必要ですね。

テンポを変えるだけではなく、歌詞をがらっと変えてみたり、体を使ってみたりすると良いですね。

また、1年目から担任を任される先生も多いと思いますが、初めてクラスの子の前で手遊びをするときに、一発盛り上がるのをやろうと気合いを入れていたのに、いざ前に立つと緊張してしまって、歌が全然出てこず、固まってしまったという先生もいました。

1年目は誰しもが緊張してしまいますよね。

ましてや、担任を任されているだけで責任感もありますし、1日をやり遂げるのに精一杯なのはとてもよく分かります。

緊張しないでというのではなく、緊張するシーンを何度も何度も繰り返すことでほぐれていきます。

なので、緊張していいですが、先生が固まってしまうと、子どもはどうしていいか分かりません。

せめて、歌詞をみながらでもいいので止まらずに歌い続けることが大切ですね。

ピアノでもそうです。

間違えても、分からなくなってもとにかくメロディは止まらないこと。

最初はそれさえも難しいかもしれませんが、とにかく実践あるのみです!

まとめ

保育士と子供

さて、今回は盛り上がる手遊びについて色々ご紹介してきました。

使い方によって色んな手遊びがありますよね。

ただ盛り上がる手遊びをするだけでなく、どんな場面でどんな風に声がけすることで盛り上がるのかを理解しておきましょう。

youtubeでは、手遊びのやり方や音源がたくさん出ているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

-読み物記事コンテンツ

Copyright© お名前シール製作所 スタッフブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.