投稿 2020年3月24日 更新

入園式のママの髪型はシンプルオシャレで決まり!自分で出来るヘアアレンジ特集!

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

大人の髪飾り

入園式でママにとって大切なのは、服装だけではありません。
子どもにとっても親にとっても記念の1日となるように、おしゃれなアレンジをして当日を迎えましょう。

ここでは、初めましてのママさんに好印象を残すためのポイントや、ヘアスタイル別のアレンジ方法、幼稚園の先生が入園式で思うことなど、盛りだくさんでご紹介していきます。

これを見れば、入園式はおしゃれママで好印象を残せること間違いなしです!

入園式のママの髪型ってどうすればいいの?

うさぎの人形

入園式は、晴れやかな場ですので、明るい印象の服装を着て行きますよね。

ママの髪型も、服装にあった清楚な明るいイメージにしましょう。
いつものヘアスタイルよりも、少し工夫してあげるだけでおしゃれに、入園式にぴったりの髪型を作ることができます。

気合いを入れておしゃれしていきたいからといって、盛りすぎたり装飾が多いのは絶対にNGです。ママにとっても特別な日ですが、主役は子どもたちであることを忘れてはなりません。

ここでは、フォーマルな場にふさわしいヘアアレンジ方法をたくさんご紹介していきますので、服装は決まったけど髪型どうしよう・・・と悩んでいたママさんは必見です。

失敗しないための2つのポイント

入園する女の子

普段は家事や育児、お仕事があるママさんは、毎日おしゃれにヘアアレンジしたくてもなかなかできないのが現実ですよね。

そんなママも、入園式という晴れの日くらいは可愛いと言われちゃう素敵な髪型にしていきたいものです。

ただ、おしゃれを勘違いしてしまったのか、フォーマルの場で完全に浮いていたり、ふさわしくない髪型のママさんが必ず一人はいるのです。。

そんな恥ずかしい思いをしないために、どんなことに気をつけなければならないのかを説明していきましょう。

派手な髪型は避ける

まずは、当たり前のことですが派手な髪型は避けましょう。
これは、ヘアアレンジのことだけでなくヘアカラーもそうです。

仕事柄、明るいヘアカラーをしている場合はしょうがないこともありますが、入園式は、初めてたくさんのママと顔合わせをする日なので、第一印象はかなり大切です。

特に若いママさんだと明るい茶髪の人も多いですよね。いけないわけではないですが、ママらしさや今後の幼稚園の人良好な間関係を築いていくために、どんな見た目がいいのかなと考えてみてください。

髪型においても、色んなアクセサリーをつけてきたり、成人式並みに盛ってくるママさん。あなたが目立つ必要は0です。幼稚園では、行事ごとで保護者にも協力してもらわなければならなかったり、参加してもらうことが多いです。

ヘアアレンジの仕方によっては、ちょっと派手な色の部分を隠せたりするので、色んなアレンジ方法を知っておくのも手ですね。

服装とのバランスを考える

最初にも少しお話ししましたが、服装とのバランスは結構大事です。

服装が完璧なのに、髪型が適当だったり、ボサボサだともう全体的にイメージダウンです。自分がどんな服装を着ていくかによっても適したヘアがありますので、服装が決まったらバランスをよく考えましょう。

フォーマルなヘアアレンジは、意外とヘアゴム一つで簡単にできたり、難しいことをしなくてもおしゃれに決まるので、事前にどんな感じにしようか決めておくと良いですね。

美容室でセットする場合は、時間に余裕を持って美容師さんと事前にどんなヘアが良いか相談しておくとスムーズです。入念に準備をしたいママさんは、入園式前にヘアトリートメントをして、ネイルもして、美を意識しているようですが、ママさんが見られる式ではないので、お手入れは自由ですが、気合いを入れすぎる必要もないのかなと思います。

幼稚園は、これからたくさんの行事がありますので、自分というより子どものためにしっかり準備してあげましょう。

ヘアスタイル別アレンジ

仲の良い親子

ここで、各スタイル別にアレンジ方法をいくつかご紹介していきます。

ミディアムやロングだと色んなアレンジ方法がありそうですが、ショートのママさんだっておしゃれヘアになれますよ。ご自身のヘアスタイルと合わせてやってみたいアレンジを見つけてくださいね。

ショート

サイドをねじったり編み込むだけでかわいい「くるりんぱサイドアレンジ」

両サイドをくるくるねじってゴムで少しゆるく結びます。長さやお好みで1回〜2回ほどくるりんぱします。頭のトップとねじった部分の髪を少しつまんでふわっとボリュームを出してあげれば完成です。

三つ編みにしても可愛らしい印象になって素敵です。

ゴムの結び目が見えないように、ショートヘアならちょっと大きめのバレットやリボンをつけると、一気に髪型が華やかに見えます。
ショート用の細いコテで軽く巻いてアクセサリーをポイントで付けてあげるのもおすすめです。

髪に動きがあると、柔らかく優しいイメージを持てます。

ミディアム

ミディアムになると、自在に髪を踊らせられる「三つ編みアレンジ」で何種類ものアレンジがききます。

ハーフアップのようにしてから編み込んで、編んだ部分の髪を少しずつひっぱることで、きっちり感からゆるふわ感が生まれます。パールがついているヘアゴムなどでアクセントを入れてあげれば、いつもの三つ編みもフォーマル風に早変わり。

三つ編みによく似ていますが、何年か前に少し流行ったフィッシュボーンを覚えていますか。その名の通り、魚の骨のような編み込みで、ミディアムやロングならではのアレンジ法で可憐に見せてくれることから流行りました。

サイドにフィッシュボーンを編みながら、ヘアスカーフも一緒に編み込んであげると、思わずそれどうやったの?と聞きたくなってしまうような、おしゃれ上級者アレンジを楽しめます。
最後に髪を留めるヘアゴムをリボンやキラキラしたものに変えても良いですね。

ロング

ロングヘアだからこそ、色んなアレンジに挑戦してみたい反面、手間がかかって大変そうだし、後ろの方とか出来なさそう・・・と思ってしまっているママさんいませんか。

ロングヘアのママさんには「ナチュラルハーフアップアレンジ」がおすすめです。耳と同じくらいか少し下くらいでくるっとお団子をしたら、残って出た髪を軽く三つ編みしてお団子に巻きつけます。

ボリュームを出すために、少しずつ髪をつまみ出して、結んだヘアゴムや髪が飛び出て来ないようにバレッタをつけたりスプレーで固定すれば、エレガントなまとめ髪の完成です。

お団子の位置が高すぎると若すぎて見えますし、フォーマルにあまりふさわしくありません。ショートヘアのときにご紹介したように、軽く全体を巻いたあと、両サイドを編み込んでポニーテールにしたり、お団子でひとまとめにするのもありです。

また、ロングの場合はあまりコテコテに巻きすぎると印象はよくありません。
自分らしくというよりママらしいかどうか、印象が良い明るいイメージかどうかを重視していくと良いです。

服装別ヘアアレンジ

花飾りをつけたママ

入園式にどんな服装を着ていくか、もう決まっていますか。

服装に合わせて髪型を考えてくわけですが、幼稚園の入園式ではスーツか着物の2択で、ほとんどのママさんはパステルスーツかネイビー系のスーツが多いのではないでしょうか。

しっかりとバランスを考えて、素敵な1日のコーデを完成させましょう。

ここでは、スーツと着物の場合のヘアアレンジをご紹介していきます。

スーツ

パステルスーツや春らしいスーツで入園式に参加するママさんは多いですよね。
スーツには、しっかりまとめ髪で邪魔にならないスッキリしたアレンジがベストです。

上記でもご紹介してきたように、編み込みや三つ編み、ねじってくるりんぱのアレンジ方法は、顔まわりをスッキリさせてくれるので、初対面のママさんへの印象も良いでしょう。

あまりガチガチにスプレーなどで固めるのもおかしいですが、風で乱れたからと言って何度も直さなければならないヘアアレンジはやめましょう。パステル系が苦手で全身グレーや紺にした結果、周りが華やかなスーツで暗い見た目になってしまったなんてママがいます。

どこか一点で良いので、明るいカラーを入れてあげるだけで春らしさを出せるので、ブラウスやスカートなどどこかに春を入れることを意識してみてくださいね。

着物

続いて、お着物を着る場合は美容室で着付けと一緒にヘアもお願いできれば一番スムーズですね。着物を着るときは、サイドと後ろがスッキリしているときれいに見えます。

ショートやボブでも、そのままではなくちょっと編み込でアクセサリーをつけてあげると、春の景色により映えます。メイクも和装に合わせて変えましょう。

和装メイクのやり方や着物の色・柄によって、どんなポイントを入れていけば良いのか、ネットで様々な情報があるので調べてみてください。ミディアム・ロングヘアのママさんは、下の方にお団子でスッキリまとめると、上品かつ清楚なイメージになります。

髪飾りは、春なので赤や黄色などのお花の飾りを使うと後ろ姿がとても華やかになります。

オススメのヘアアクセサリー

髪飾り

ヘアアレンジをするとき、ワンポイントでアクセサリーがあると、ぐっと華やかさが増します。

入園式は春に行われるので、春らしい色あざやかな飾りや、上品にパールのヘアゴムなどを取り入れてみましょう。入園式や普段使いでもいけるママさんに人気のヘアアクセサリーを4つご紹介します。

普段は、ヘアゴムで簡単に結ぶだけというママさんも、せっかくの入園式なのでおしゃれにアクセサリーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ヘアゴムパール

ヘアゴムにパールがついているタイプです。

パールが上に見えるように結んであげるだけで、いつものポニーテールやお団子もエレガントになります。今や100円ショップでも、お値段以上のクオリティーで色んな種類のアクセサリーがあるので、気になるお店をチェックしてみてください。

パールだけでなく、リボンが付いていたり、ワンポイントでお花や星のアクセサリーがついているものもあります。フォーマルに一番ふさわしいのはパールですので、ネックレスやピアスと統一してつけると良いですね。

バレッタ

バレッタは髪を留めるクリップです。

こちらも多様なデザインのものがあるので、お店に並んでいるのを見ているだけで宝石のように美しく、いつまでも見ていられそうな気分になります。

バレッタは、一度ヘアゴムで結んだ結び目を隠すために使ったりしますね。
ゴムが見えているより、バレッタでアクセサリーがついている方がおしゃれです。

大きさも、前髪を留めるくらいの小さいものから、ロングで毛の量が多い人でも使える大きいサイズまであるので、ご自身のヘアアレンジに合わせて使ってみてください。

バナナクリップ

バナナクリップは、何年か前に流行っていましたよね。
髪をまとめるのに便利で、ヘアゴムで結ぶよりおしゃれに可愛くまとめられるとして、様々な雑誌でも特集が組まれていました。

今でももちろんママさんから人気があります。楽チンなのと、クリップ部分いっぱいにフリルや装飾が付いているのも多くて、つけているだけでおしゃれママさんを演出できますね。

ただ、髪の毛の量が多いとどうしても時間が経つにつれて、留めたところが緩くなってきたりすることがあるので、小さいヘアゴムで軽く結んでから留めると良いでしょう。

カチューシャ

カチューシャは、ショートヘアやオールバックにするときに使うことが多いです。

パールが少し散りばめられている程度なら良いですが、フリフリのリボンや派手な装飾のカチューシャは絶対にNGです。

ヘアカラーと同系色の黒やブラウンなど、髪に合ったものを使いましょう。

ママさんだけでなく、子どもにカチューシャをつける場合、園でカチューシャが禁止のところもあるので、式典の日くらいいいでしょと自己判断せず、念の為確認しておくと良いでしょう。

子どもにつけるときも、リボンがワンポイントでついているくらいの装飾がふさわしいでしょう。

入園式でママたちにお願いしたいこと

鶏とひよこ

ママにとっても子どもにとっても、幼稚園の入園式は特別な日ですよね。

大変におめでとうございますと言いたいところですが、最低限の押さえておきたい入園式のマナーを分かっていないママさんがいるようです。。
どのママさんだって、我が子が一番ですしたくさん写真を撮ったりしたいでしょう。

だからと言って、立ち上がってカメラを回したり、周りの保護者のことを考えずに三脚を立てようとする人がいます。入園式に限らず、たくさんの人がいるところでこのような行為をしないのは常識ですよね。

また、スマートフォンの電源を切るのは当然ですが、ビデオ通話で式の様子を写す人もいるようです。はっきり言うと、大迷惑ですし他のママさんからの印象は最悪なものになるでしょう。

式中に終始スマホをいじるのもよくありません。
入園式では、初めて会う他のママさんとの挨拶、担任の先生との挨拶など、たくさんの初めましてがあります。

先生にとっては、バス通園やお仕事が忙しい家庭の保護者とは式典や行事のときしかお会いできないママさんもいるので、どんな保護者かな・心配ごとや聞いておきたいことを確認したいのです。

先生とは積極的にコミュニケーションを取って、心配ごとや先生についてでも良いので聞きたいことは何でも聞いてください。

ですが、他のママさんも先生と会話したいと思っているので、長話やだらだらと世間話をするのはやめましょう。徒歩通園や毎日、園に送り迎えする場合は、園でいつでも先生に会えるので、入園式に緊急で話さなければならないこと以外は、別日にしましょう。
事前に、話しておきたいことなどは簡単にまとめておくと良いでしょう。

ママさんの服装についてもですが、ほとんどの方はきちんと正装を着てきてくれていますが、最近の若いママさんは先生よりも年下が多く、子どもの入園式が初めてのフォーマルシーンというママが多いようで。。

フォーマルな格好ではなく、自分の一番のお気に入りの服を着てきたりするのです。これからのことを考えて、どんなシーンでも使えるスーツを一着持っていれば役立ちます。

クラスごとに写真を撮るので、春の景色に映える素敵な服装で参加してください。どこで服を買えば良いか分からない場合は、ネット通販が便利です。
若いママさん向けのおしゃれな正装を扱うお店も多く、かっちりしすぎず柔らかい印象を与えてくれるスーツを選んでみましょう。

また、着物を着たら逆に浮いたというママさんの声もありますが、着物を着るママさんが少ないだけで、ふさわしい服装ですので恥じることなく着て問題ありません。

お手洗いなど、大人用のトイレはあるものの着物だとやりにくいですので、事前にしっかり済ませて、着崩れしないように気をつけましょう。

まとめ

祝い事する

今回は、入園式のママの髪型についてまとめてみました。

自分でヘアアレンジするのはちょっと難しいかなと思っていたママさんも、美容室に行くより経済的に優しく、時間も取られずに済む方法がたくさんあるので、ぜひ試してみて下さい。

上記でご紹介したヘアアクセサリーは、雑貨屋さんやアクセサリー屋さんで手軽に購入することができます。着ていく服装に合わせて、身だしなみをきちんと整え、素敵なママコーデをして入園式を迎えてくださいね。

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

-読み物記事コンテンツ

Copyright© お名前シール製作所 スタッフブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.