投稿

子どもはみんな天才画伯!たくさんお絵かきをして豊かな心を育てよう!

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

色鉛筆と画用紙

子どもってお絵かきをさせると、周りが見えなくなるくらい自分の世界に入り込んで夢中になりますよね。

そのとき、頭の中では想像力と発想力をフルに使って、自分らしい表現で絵を描こうとしています。

ここでは、お絵かきにはどんなメリットがあり、子どもの発達とどう関係しているのかを深掘りしていきます。

また、おすすめのお絵かきグッズもご紹介していきますよ。

お絵かきのメリット

お絵描きをする子供とお母さん

お絵かきは、子どもが小さいうちから遊ぶことができます。

色んなペンやクレヨンを使ったり、水・指・全身を使って遊べますね。

お絵かきには、子どもの成長を支える大切な効果がたくさんあります。

表現力や想像力を養うだけでなく、自分の名前を書く・文字を書くことにも繋がります。

では、具体的に子どもの中でどんな効果が生まれるのかを見ていきましょう。

指先を使うことで脳を刺激する

お絵かきは、指先をたくさん使って遊びます。

指先を使うことで、脳神経が刺激されて知能の発達に効果があります。

指に力を入れて濃く色を塗ったり、軽く持って薄く描いたりするなど、力加減を覚えるようになっていき、手遊びよりも手先を使うのでただのお絵かきではなく、きちんと発達の役に立つ行動なのです。

絵を書くときは、腕や手首・ときには全身を使って描くので、自分の体のバランスなどをコントロールする方法も学びます。

小さいうちからたくさんお絵かきをする習慣を身につけることで、ひらがなの練習をする時期に入っても、スムーズに文字を書けるようになります。

色彩感覚が豊かになる

お絵かきをするときは、カラフルなクレヨンやマーカー、色鉛筆・絵の具などを使って描きますよね。

小さいことから、できるだけたくさんの色んな色に触れることはとても大切なことです。

幼稚園では、年中さんになると2色・3色を混ぜるとどんな色になるかなという混合色を作ってお絵かきするようになったり、ぐっと色彩の幅が広がっていきます。

色々な色に触れることは色彩感覚を養うだけでなく、色は人の心を豊かにします。

子どものお絵かきで使われる色や塗りつぶしなどは、子どもの心理状況を表していると言われています。

また、自分はどんな色が好きなのかが分かるようになり、好きな色を好んで使ったり、色の名前も覚えられるようになります。

知力が発達する

子どものお絵かきって一見大人が見ると、ただのぐるぐるや見た目では何を表現しているのか分からないように見えます。

しかし、子どもたちにとっては、この自由に思うがままにお絵かきをするということは、立派な自己表現の一つになっています。

言葉ではまだ十分に自分の意思を表せない子どもにとっては、重要な表現方法なのです。

子どもの絵には、全てにひとり一人の気持ちが宿っています。

大人目線で絵について聞くのではなく、どんな素敵な絵なんだろうと子どもの発想力を大切にするような問いかけをしてあげましょう。

また、絵を描くということは、丸や三角など色々な形を捉える練習にもなります。

人や植物・空間など様々な目で見たもの、体験したもの、想像の世界のものをよく考えて描くことで、観察力や空間認知能力が育ちます。

子どもが一所懸命にその能力を使って描いた絵には、うまいや下手などはどこにもありません。

全ての子どもの作品はみんな違って、みんな素晴らしい表現です。

お絵かきと子どもの成長の関係について

お絵描きをする子供

最初は紙に色がつくのが面白くて、なぐり描きをしていたのが、自分やお友達の絵を描けるようになり、遠くにいる人・近くにいる人など空間を把握した絵を描けるようになるなど、子どものお絵かきは日々成長します。

このようにお絵かきの成長を「描画発達」と言います。

子どもの成長ステップを知ることで、より子どもの描画発達を伸ばしてあげることができるのです。

お絵かきと子どもの成長の関係性をよく理解して、豊かな表現力を育てましょう。

なぐり描き期

生まれて初めてのお絵かきは、グーのおててでペンやクレヨンを持って、紙に叩きつけたり、短い線を描いたりします。

お絵かきというよりも、ペンを持って点を描いた・ぐるぐる描いたなど、自分ができることを確認しながら子どもは楽しんでいるのです。

なぐり描き期はだいたい1歳〜2歳ごろと言われています。

この時期は、持ち方が違う・紙からはみ出さないでなど大人がつべこべ言うのではなく、思いっきりやりたいようにやってみよう!と子どもの様子を温かく見守ってあげましょう。

使うペンは、普通の色鉛筆だと細すぎてうまく握れないので、クレヨンやペンなど子どもの小さい手でも握りやすい太めのものを選びましょう。

また、三角の形になっていると、指にフィットして握りやすく描きやすいです。

象徴期

象徴期は2歳〜4歳ごろです。

丸・ぐるぐる・色んな線・点と点をつなくなどが描けるようになってきます。

遠足の思い出など意味と意思を持った絵を自分の表現で描くことが出来ます。

描いているときは、決められたテーマを上手に描かなければならないという意識を持たせるのではなく、子どもは描いている過程やどんな色を使おうかなと考えながら描くことに楽しみを持っています。

人の絵なのに、顔が紫になっていたり、実物と違う配色になっていることも多いですが、とにかくお絵かきが楽しい!という気持ちを育む時期です。

絵が苦手な子や、うまく表現できなくて手が進まない子には、無理に思い出させて描かせたりするのではなく、自分が描きたいと思うものを好きな色で描いていいんだよと声がけをしてあげましょう。

4歳ごろになると、自分は絵が下手だからと何も描こうとしない子や、すごく小さく点のような絵を描いておしまいにしてしまう子もいます。

そんな子は、先生やママの声がけ一つでお絵かきに対するモチベーションは変わるものです。

ですので、この時期にお絵かきをめいっぱい楽しんで、好きになって、子どもができるだけ色んなことに興味を示せるようにしてあげましょう。

図式期

図式期は空間認知がより高くなり、より立体的な絵や奥行き・それぞれの表情など細かい部分を描けるようになってきます。

だいたい5歳〜8歳ごろが図式期です。

自分の目に入ったものをそのまま描くのではなく、色々な情報を元に自分が描いた絵を見せたい相手を思い浮かべて、その人を意識して描くようになります。

また、男女によっても描く絵に差が出てき始めます。

女の子は、可愛らしい色を好んでお花やママと遊んだ絵・先生の似顔絵などを描けるようになり、男の子は恐竜やかっこいい車、虫やパパの絵を描けるようになってきます。

年中さんあたりから、色んな絵の変化が生まれるので、見ていてもとてもユニークで面白いですね。

お絵かきグッズの選び方

様々なお絵描きグッズ

お絵かきグッズは、子ども用なら年齢関係なくどれでも良いと思われがちですが、きちんと設定された対象年齢に合わせて使っていくと良いでしょう。

お手軽に100円ショップで買えるものから、ちょっと高級な品質の良いグッズまで、様々ありますので、ご家庭で一番使いやすいものを選んで下さいね。

安心・安全な素材

初めてのお絵かきをするときや、肌が弱い子どもの場合は、素材にも気を付けなければなりません。

子ども向けのお絵かきグッズは、だいたいが安全に考慮されて作られていますが、中にはとても安いものや特殊なカラー・素材を使っているものは、体に害を与える物質が含まれている可能性があります。

ペン類や紙を選ぶときは、手荒れしない・誤って口に入れても問題ないと表記されているものを選びましょう。

初めてお絵かきグッズを手にする子どもにとっては、全てが新鮮で何でも口に入れて確かめようとします。

もし、口の中で噛んでしまっても誤飲してしまわないような大きさのものを選ぶこともポイントです。

最近では、商品としては販売できなくなってしまった野菜や果物を使って、クレヨンを作っている会社があります。

もちろん食べ物から出来ているので、口に入れてしまっても問題ありません。

クレヨンの色名も、野菜の名前になっていたり、独特の中間色のような鮮やかな色彩感覚を身につけられます。

海外製のものだと、キラキラのラメがいっぱい入ったものや、すごく派手なカラーが多いなど、子どもにとってはポップな色合いで好まれるものも多いでしょう。

色鉛筆バナー

どこに描いても落とせること

おうちでお絵かきをさせていると、いつの間にか壁や床など何でこんなとこに描いちゃうの・・・とママを困らせるところにお絵かきしちゃうんですよね。。

子どもにとっては、家中が落書きだらけになろうと何にも気にしません。

ママにとっても、先生にとっても、後片付けをするときに少しでも楽にしたいという悩みを解決するグッズが欲しいですよね。

ペン類を購入するときは、「水で落とせる」「簡単にすぐ落ちる」「壁に書いても簡単に消せる」などと書いてあるものがおすすめです。

落とせるからって、どこでも自由にお絵かきしていいよとは言えないですが、賃貸のおうちに住んでいる人にとっては、きちんと落とせるかどうかは大事なポイントですよね。

子どものためというより、自分のためにもこのポイントは押さえておきましょう。

何度も繰り返し使えること

いざお絵かきをさせるとなったとき、どんな紙に描かせますか。

自由画帳やお絵かきノートは、だいたい20〜30枚入りですので、1日に2〜3枚使ったら、あっという間になくなって、そのたびに買い足さなければなりませんよね。

経済的にもきついですし、資源を使いすぎるのもよくありません。

チラシの裏やいらない紙など、各家庭や園では様々な工夫を凝らしていると思いますが、普段のお絵かきで使う分であれば、描いては消して使いまわせるタイプがおすすめです。

無駄なく使えるので、子どもも自分で何度でも描いたり消したりしながら楽しく使えます。

また、大きなロール紙を購入しておけば、広々と大胆にお絵かきができるので、想像力や表現力をのびのびと使ってお絵かきを楽しめるでしょう。

お絵かきの見守り方

お絵描きをする子供とお母さん

お絵かきには、子どもの様々な能力を育てる効果があります。

子どものお絵かきを近くで見守っていると、大人はついつい口出ししたくなったり、細かいことを色々言ってしまいがちですよね。

自由にのびのびと描くことを楽しんでいる子どもに対して、大人があれこれ言うと、かえってお絵かきをする意欲をなくし、嫌いになってしまうことがあります。

先生やママ・パパはどんな風にお絵かきをしている様子を見守ってあげればよいのか、これからご紹介する3つの項目を参考にしてみてください。

子どものお絵かきに口出ししない

子どもがお絵かきをしていると、ついきちんと紙に描けているか、テーマに沿って いるかなど、大人の目線で色々と考えてしまいますね。

その通りに描けていないといけない、正しい色で正しい位置に描かないといけないと思ってしまっているのは、大人の固定概念に過ぎません。

子どもはお絵かきをしているとき、正しく正解を描くことを楽しむのではなく、自分らしい発想で好きな色や知っている色を使って、自由に描くことを楽しんでいるのです。

それが、成長につれて人の顔の目はどんな位置か、このお花は何色かと想像と現実が一致していくるようになります。

子どもだって自分なりに頭を使って色んな表現をしているので、大人はどんな色を使っても、机にはみ出しちゃっても、いっぱい褒めてあげましょう。

お絵かきに正解はありませんし、何より子どもが楽しいという気持ちを持って喜んで行うことが、一番の成長につながるのです。

保育においても、先生は失敗してしまうかも、転んでしまうかもと分かっていても、時にそっと見守るという行動が必要なときがあります。

それは、子ども自身が自分で立ち上がって、自分で考えて乗り切る術を身につけさせるためでもあります。

なんでも大人が手を出してはいけません。

お絵かきも一緒です。

子どもの絵を他のものと比べない

幼稚園では、子どもたちが描いた作品をお部屋に飾ったりしていますよね。

それぞれ個性に溢れた素敵な絵ばかりですが、ママはどうしてもあの子はすごく上手に描けているのに、うちの子はぐるぐる塗ってるだけだ・・・と比べてしまいがちです。

お絵かきという芸術センスに、人と比べるも何もないのです。

子どもが自分で納得してこれで良いと思って描いた作品は、それが世界で一番素敵です。

お絵かきが得意な子がいれば、色を塗るのが好きな子もいます。

まずは、大人が人と比べるという考えを抜け出すことからですね。

どんな子もみんな天才画伯です。

同じテーマで描いても、一つも同じ作品はありません。

失敗は失敗ではない

よく子どもが「水を垂らしてしまったから失敗」「絵の具が混ざって色が変わったからもう描きたくない」と言います。

子どもにとって、一所懸命に描いていた作品にちょっとでもこのようなことがあると、とてもショックを受けて悲しい気持ちになってしまいます。

しかし、お絵かきに「失敗」など存在しないのです。

たとえ、子どもの思い描いていたとおりでないとしても、そこからもっと世界を広げてお絵かきをしていくことができます。

また、お水をこぼしたり服を汚してしまっても決して怒ってはなりません。

失敗して怒ってしまうと、子どもはお絵かきをするのが怖くなってしまったり、悪いイメージを持ってしまいます。

子どもがお絵かきをするときは、汚れる前提で事前に新聞紙やビニールシートを敷いておくなど、工夫すれば良いだけのことです。

子どもが興味を示せるお絵かきグッズを使おう

クレヨンでお絵描きをする子供

今や子ども用のお絵かきグッズは迷ってしまうほどの数があります。

日本のみならず海外製のものは、ユニークな商品が多く、子ども心をくすぐるグッズがたくさんです。

そこで、子どもが安心・安全に楽しくお絵かき出来るグッズをいくつかご紹介します。

お絵かきを覚える時期に、色んな素材や色んなお絵かきグッズに触れることは、子どもの興味を引き立てる良い効果がありますよ。

筆記用具

まずは、筆記用具類です。

鉛筆一つとっても、山ほど種類があります。

どんなものでも、共通しておすすめできるのは、子どもが持ちやすいサイズ・太さであることです。

子どもの成長は早いですから、発達に合わせて使いやすいものを選んであげましょう。

クレヨンや色鉛筆・マーカーは出来るだけたくさんの色彩に触れさせてあげられるものが良いですね。

様々な色を知るということは、色彩感覚だけでなく、心を豊かにする効果もあります。

・ぺんてる クレヨンタッチの色鉛筆 くるりら12色セット

こちらは、多くのママが口を揃えておすすめと絶賛する色鉛筆です。

プラスチックの容器に入っていて、一見するとマーカーのように見えますが、本体をくるくる回すと色鉛筆が出てくる仕組みになっています。

おすすめポイントは、たくさんお絵かきをしても手が汚れないことです。

使いたい分だけくり出して使えるので、クレヨンの巻き紙をボロボロ破いたり、折ったりしてしまう心配もありません。

きれいな12色カラーで、初めての色鉛筆の子どもからずっと使えるぺんてるの人気色鉛筆です。

紙・ボード

続いては、普段のお絵かきではどんなものにお絵かきさせていますか。

幼稚園なら、自分の自由画帳を使うかと思いますが、ご家庭でお絵かきをする場合は、いらない紙の裏や子ども用にボードを買ったりと、様々なお絵かきグッズで工夫しているかと思います。

お絵かき帳だと、すぐに紙がなくなって経済的じゃなかったりしますよね。

ボードを使っているおうちは、何度でも描いては消してが出来るので、一つボードがあれば助かるという声も多いです。

ただ、ボードは子どもが描いた絵を保存しておくことが出来ないので、写真をとってデジタル保管しているというご家庭もあるのだとか。

最初のうちは、大きなロール紙でめいっぱい描けるようなグッズを使い、年中・年長さんくらいになってきたら、自分の自由画帳を用意してあげるようにするのも良いでしょう。

・IKEA お絵かきロール紙

30mと大きなロール紙になっています。

これなら、お絵かきしたいときは大きく広げて、終わったらくるくる丸めておけるので、保管にも困りません。

たくさんのお友達と大きな紙に川を作ったり、道を作ったりして遊んでも楽しそうです。

ロール紙だからできる大胆なお絵かきで想像の赴くままにお絵かきを楽しめちゃいますね。

大切な作品の保管ってどうしてる?

クレヨンでお絵描き

みなさんは子どもの描いた作品の保管ってどうしてますか。

しばらく取っておいてまとめて処分したり、卒園・卒業までは保管しておくなどご家庭によって様々ですよね。

せっかくの作品なので、すぐに処分してしまうのはもったいないし、飾っておきたいけど、どんどん増えていくものなので置き場に困ったりしてしまいます。

ママさんの声の中でも多いのは、無印やダイソーなどに売っている収納ケースに絵画作品はまとめて保管しておくやり方です。

造形品は、しばらくはおうちに飾っておいて、保管できるスペースがなければ処分、子どもがとても気に入っていればまだ飾っておく、大きなボックスに入れて保管するママが多いようです。

子どもにとっても、作品は作ったら終わりではなく、幼稚園やおうちに飾っておくことで、自分の作品を振り返ることが出来ますし、大切にしたいという気持ちが芽生えるでしょう。

子どもと一緒に処分しても良いかどうか確認して保管の仕分けをするのもいいですね。

他にも様々な保管方法がありますので、子どもにとってもおうちにとっても一番良い方法を選んでみて下さいね。

まとめ

子供がお絵描きした作品

さて、今回は子どものお絵かきについてご紹介してきました。

お絵かきがこんなに子どもの成長に効果があるとは、意外と知らなかったママも多いのでは。

心も脳も発達が目覚ましい時期だからこそ、お絵かきの時間も大切にしていきたいですね。

子どもがお絵かきをするときは、しっかりと上記でご紹介した大人の見守り方を頭に入れて、見守るという保育、教育を実践していきましょう。

色鉛筆バナー

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

-読み物記事コンテンツ

Copyright© お名前シール製作所 スタッフブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.