投稿 2020年3月4日 更新

【連載 vol.3】ママが本当にしてほしい家事・育児とは?~よくわからないパパ必見~

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

家の掃除をする

■連載記事はこちら
【連載 vol.1】パパに育児・家事を協力してもらう方法 ~保育士パパからのアドバイス~
【連載 vol.2】子育てでイライラしてる妻への接し方~できたパパになる必要ないですよ~

なかなか仕事が忙しくて、家事・育児ができてないパパに向けて書いています。

たまに育児の手伝ったりすると、なんかめっちゃママにイライラされた方多いのではないでしょうか?

  • ママが本当にしてほしい家事・育児なんだろう?
  • いまいち基準がわからなくて困っている。
  • あと、単純にもっとママとの関係良くしたい。

など、お困りのパパに向けて記事作成しました。

本記事では、下記の内容を解説いたします。

  1. 本当にしてほしい家事・育児とは?
  2. 本当にしてほしい家事・育児のひとつ 【入園準備】
  3. ママがよろこぶ言葉と嫌な言葉

この記事を書いている僕は、5年ほど保育園で働いております。

にもかかわらず、自分の家の家事・育児はダメダメでした。この失敗をまとめましたので参考にしてください。

この記事を読んで、ママがいったい何を求めてるか理解できるパパになりましょう。

ママが本当にしてほしい育児・家事とは?

疲れている主婦

言葉ひとことで表すなら

ママが本当にしてほしい家事・育児をひとことで表すなら「ママの時間や労力を守ること」と言えるかもしれません。 

・・・抽象的で、いまいちピンとこないですよね。 すいません。

ゲームのキャラクターとして、ママのことを想像してみてください。

ママは毎日の家事・育児でライフポイント(時間や労力)が減少していきます。ライフポイントはいつも残りわずかで回復が必要な状態です。このイメージを持っておいてください。

スッキリと理解する前に、一度、具体的な事例を見ていきましょう。なんとなく、本質がみえてくるはずですよ。

NGな家事・育児

とにかく、ママのライフポイント(時間や労力)を守ること大切だと説明しましたが、目的が果たせているか見ていきましょう。

①的外れすぎ

・花を送る
・派手な旅行をプレゼントする
・部屋の模様替えする
・大掃除をする
・豪華な料理をつくる

など

ママが今欲しいものではありません。
ママの労力や時間が減ったり、回復したりしません。

気持ちが嬉しいと受け取ってくれるママもいますが、大半は「この人なんにもわかってない!」とママにイライラさせてしまいます。

ほらここ!! ここにママのライフポイント(時間や労力)を奪ってしまっている原因があります。

的外れすぎな家事・育児をしても、全くママのライフポイントは回復しません。

さらにイライラさせてかえって体力や時間を減らしてしまっているです。

②二度手間

・茶碗あらいで洗い残し
・家事・育児をいつもとは違うやり方でアレンジする
・子どもに変な服を着させる

など

これらもママにもう一度、作業させてしまうので、ママの負担は減りません。

加えて、ママのストレスが加わってマイナスに働くのです。

③家事・育児以外の部分で大きなストレスかける

・家事育児後のドヤ顔
・ちょっとやった程度で評論家ばりに指摘する
・外でだけ育児する

これらは家事・育児の内容自体が悪いのでなく、その後の態度でママを疲れさせてしまっているケースです。

パパが育児・家事して減らした負担以上にママをイライラさせてエネルギーを消耗させています。

④子どもに不適切

・お菓子を与えすぎる
・寝かしつけず、遊んでしまう
・怪我をさせる

これもありがたい気持ち以上にママに心配をかけたり、イライラさせて、結果的にママのエネルギーを奪ってしまっているのです。

ーNGな育児・家事のまとめー

共通して言えのるは、いずれもトータルで考えたとき、余計にママのライフポイント(時間や労力)を減らしてしまっている。 

それがNGな家事・育児と言えるでしょう。

本当にしてほしい家事・育児

では、本当にしてほしい育児はなんなのでしょうか?

NGな家事・育児でなければ基本的になんでも大丈夫です。

つまり、

  • 「ま」的外れの物でなく
  • 「き」きちんと丁寧に
  • 「ど」どや顔せず謙虚に
  • 「こ」こどものことで心配をかけない

ものであればなんでもOKです。そんなに難しく考える必要ないですよ。

心配でしたら、作業する前に「ま・き・ど・こ」を考えてみるといいです。

判断するためのポイント

適切な家事・育児か判断するためのポイントは自分本位でなく、ママ主体で考えられてるかどうかです。

自己満育児にならないように気をつけましょう。

ママが本当にしてほしい家事・育児の一例【入園準備】

入園おめでとうございます

入園準備が良い理由 

①単純に作業が大変

入園準備は細々とした作業が多く、単純に大変だからです。ママの負担を大幅に減らすことが出来ますので、ママも喜んでくれるはずです。 

②ママの大変さにも気づける

家事・育児のほとんどは入園準備のような地味で、人から評価されにくいにも関わらず、大変なものばかりです。

「名もなき家事・育児」が本当にたくさんあるのです。

普段パパが気づきもしないような大変さを知るいい機会になります。

③いいきかっけになる

入園準備には卒園まで使用するものと消耗品などの一時的なものありますが、いずれにせよ形としてのこります。

目に見える形で残ることはパパにとってけっこう重要です。

「あれ、俺が準備したんだな」とある種の愛着や責任感が生まれパパが今後さらに育児参加していくためのいいきっかけになる。

やってみよう!! おすすめの入園準備 

特におすすめ入園準備は

  • オムツへの名前記入
  • お道具箱(算数セット、粘土セットなど)への名前記入

です。

オムツは毎日の作業であり大変だからです。

また、お道具箱への名前記入は細々した道具への名前記入が地味に大変だからです。

どちらも、ポイントをしっかりとおさえて行えば、ママの負担をぐっと減らせます。喜んでくれること間違いなしです。

3月中に情報を仕入れて、4月の入園・進級の時期にはパパが活躍できるようにしておきましょう。

【オムツの名前記入】やってみよう!! 

オムツとスタンプ

作業自体はとっても簡単です。

①オムツ用意
おしり側を表にして、机の上に置く。

②名前を書く
油性ペンやスタンプなどで。

ほら、簡単でしょ。 

【注意点】

名前の大きさ
➨大きく、見やすければOKです。

書く場所
➨見やすい場所。
 おしり側、テープの下あたり!

フルネームかどうか
➨ママに聞いてみて

園の指定あるか
➨多分ないが、確認

前のパートで説明したNGな家事・育児にならないようにポイントを思い出してください。

オムツ名前記入の場合ですと

・見にくかったり、変な場所に書いてしまい、ママが結局やる二度手間作業+イライラさせる

・やった後にどや顔やその日だけ作業で調子にのり、イライラさせる

などです。

きちんと、謙虚な気持ちでやれば大丈夫ですよ。「ドヤ!」でなく「これ毎日やるのは大変だね」といった気持ちが大切です。

お名前スタンプが圧倒的におすすめ

作業は簡単なのですが、問題は量の多さです。

5~7枚(1日)×240日(平日)=1,200~1,680枚 ですよ!!!!!!!!!!!!

だるすぎます……。

お名前スタンプが楽ですよ。 圧倒的に時短につながります。

ドラム式洗濯乾燥機・食洗機・お掃除ロボット・お名前スタンプは買いです。

お金持ちは自分の時間を大切にします。

ですので、値段がするものであっても時間を節約してくれる物にはお金を出します。

すぐに元が取れると考えているからです。

抑えるべきお金はどこか考えましょう。

頻繁に買う自動販売機のジュースや飲み会一回抑えれば、時間を買えますよ。

お名前スタンプのバナー

【お道具箱の名前記入】 やってみよう!!

算数セット

道具箱の中には色々なものが入っています。

そのひとつひとつに名前を書いていく必要があります。

・はさみ
・のり
・クレヨン 
・粘土セット(粘土、へら、板)
・カスタネット

などが一般的です。

注意点

全てに名前を書く
● クレヨンは下の方に名前を書く(使用していくうちに短くなるから)

です。

全てに名前書いてくださいね!(笑) 粘土ベラの1つ1つ、クレヨンも1本1本すべてです。

ちょっとアホらしいですが、保育園・幼稚園が集団である以上仕方ありません。

きっとママ喜んでくれますよ。

ちなみに、小学生になったら、またすぐ、算数セットという更に手ごわいやつが待っております。

パパ楽しみにしておいてください♪♪

お名前シールがおすすめ

細々したものはシールが便利です。

小学校でもどうせ使うから無駄になりませんよ。

【注意点】   

こちらもNGな家事・育児にならないように気をつけましょう。

保育園のルールやママの要望を確認したうえで作業に取り掛かりましょう。

そうすれば二度手間の逆にストレス現象は防げます。

また、調子にのらず、「やらしてくれてありがとう、普段あまりできてなくてごめんね」くらいの気持ちで作業しましょう。

算数シールのバナー

ママが喜ぶ言葉と嫌がる言葉

嬉しいママ

ここまでで、ママが本当に求めている家事・育児を理解できるようになったと思います。

ついでに、ママが喜ぶ言葉と嫌がる言葉も見ていきましょう。

ママが喜ぶ言葉

「ありがとう」

ママが言われて嬉しい言葉のアンケート調査ではどのアンケートでも毎回、ダントツで一位です。

・いつもありがとう
・子どものことありがとう
・おいしい料理、お弁当ありがとう
・掃除ありがとう
・結婚してくれてありがとう
・子ども産んでくれてありがとう

心に手を当てて、探せばたくさんでてきそうですね。

たとえ家事・育児があまりできなくても、感謝の気持ちを伝えるだけでも負担が減るママはたくさんいると思いますよ。

また、感謝を持つとパパも自然と幸せな気分になれるはずです。 

すごくありふれた言葉ですが、言えてますか?毎日の習慣にしてもいいですね。 

「お疲れ様。いつも頑張ってるね」

頑張ってるねと相手を労う言葉も喜びます。

ママはちゃんと見ていてくれてるんだ、評価されているんだと感じてくれるでしょう。

ママの家事・育児の負担そのものは減らなかったとしても「明日も頑張ろう」と活力になります。

「ゆっくしてな」

ママを休ませる言葉ですね。

※ただ、「ゆっくりしてな」などママを休ませる言葉は、注意が必要です。

なぜなら、「ゆっくりしてな」はNGワードになる可能性があるからです。

いわゆる、やるやる詐欺ってやつです。

いくら優しい言葉をかけて、ママを休ませても、家事・育児が減るわけではありません。

あなたがその分、家事・育児をやらないとただペースを乱されるだけになって、かえって

迷惑なのです。この点は気をつけましょう。

「かわいいね」

いくつになっても女性はかわいいねと言われるとうれしいようです。

美容院にいった後や保育園の集まりの後などは一言「かわいいね」と言ってあげましょう。

ーまとめー

どの言葉もママへの思いやりが感じられますね。

ママがよろこぶ家事・育児をしながら、喜ぶ言葉を使うようになれば、相乗効果です。

家事・育児への参加がどうしても少なくなってしまうパパであっても、思いやりのある言葉をママに伝えるだけでもママは気が楽になるでしょう。

ママが嫌がる言葉

イライラさせる言葉にはわかりやすいもの気づかずにやってしまっているものがあります。

わかりやすいものを上から順に並べてあります。

胸に手をあてて一度確認してみてください。

私もそうでしたが、自覚なく案外やってしまっっているものですよ。

厳しめに自分事で確認したほうがいいです。

自分のイライラをぶつけてる言葉

仕事でのストレスをぶつけてきたり、車の運転中の渋滞時に暴言を吐いたりします。

・人のせいする
・ストレス 
・甘え 
・弱い人

こうような特徴の人に多いです。

もしかしたら、パパも生活の変化やママへの不満などで精神的にまいっているのかもしれませんが、ママに暴言を吐いたところでパパも楽にはなりませんよ。

上から目線な言葉

・「お前は何もできない」
・「女は気楽でいいよな」
・「話が通じない馬鹿だな」

など、上から目線の言葉を吐く人は常に妻に高圧的です。いわゆるモラハラ夫ってやつです。

基本的に妻を下に見ているのでしょう。

上から目線になってしまう理由は

①妻をけなして自尊心を保っているタイプ

妻にだけ上から目線の言葉を吐く人もいれば、妻以外にも上から物をいう人もいます。

②男性の古風なステレオタイプを持っている。

男は仕事、女は家。 男が上、女が下。と考えてしまうタイプの人です。

ここまで極端に考えてないまでも、稼ぎの差などで、自覚なく妻を下にみている場合もあります。

発言に現れます。 気をつけましょう。

妻を「お前」と呼ぶなど言葉が荒い人はこの機会に見直して見るのも良いです。

何気ない言葉が相手をすごく傷つけています。

「男たるもの」とプライドの高さから上から目線の発言をしてしまっているんだと思います。

妻を守り、支えれば、妻は自然とあなたを認め、立ててくれるはずですよ。

人を馬鹿にしたような冗談を言う◀見落とし注意!

案外やってしまっているかもしれませんよ。見落とし注意してください。筆者の私もやってしまっていました…。

馬鹿にしたような冗談を言う理由は2つあります。

①純粋に面白がって言っている

お笑いのボケとツッコミみたいなノリでいっています。

相手がそこまで嫌がっているか想像が出来ていません。

笑えない冗談はやめた方が無難です。 嫁、悲しませたって楽しくないじゃん!

もし、どうしても言いたいのなら、冗談の3倍くらい普段から褒めたり、けなす時もわかりやすいくらい愛情を込めてママを嫌な気持ちにさせないようにしましょう。

②初期段階のモラハラ夫

こちらの場合は、妻を意識的に嫌な気持ちにさせようとしています。

先ほど紹介した、上から目線の言葉の初期段階ですね。

妻をけなすことで自尊心を保っています。

「やめて」とママが言い返しても、「冗談にそんな向きになるなよ。まじめか」と言い返した妻側が悪いような状況を作り上げます。 

こうなってくると、わかりやすい上から目線よりたちが悪いですよね!

③自慢ばかり

妻を直接けなしてはいませんが、自慢もマウンティングの一種ですよね。

自身がない人間がやることです。

純粋に自慢したい時は素直に「聞いて」と言うようにしましょう。

注意や指摘ばかり注意◀見落とし注意!

・「もっとこうすれば?」
・「効率的にできないの?」
・「体調管理できてないよ」

などです。

これ筆者の私はかなりやってしまっていました。喧嘩の原因の多くはここでした。

パパが少し家事・育児参加するようになった時、注意が必要です。

確かに、育児参加するようになるといろいろ見えてくる。

まだ

ママがやって当たり前の言葉◀見落とし注意!

「ごはんまだ~?」
「子どもが泣いてるよ!」
「子どもが ウンチしてるよ」
「リモコンどこいった~?」

などです。

ママがやることが当たり前だと思っているのでしょう。

なんでもかんでもママに頼むな。お・ま・え・が・や・れ

悪気はないのでしょうが、父親の自覚もない。

ママを少しずつ消耗させていきます。

この記事を読んだあなたはもう大丈夫ですよね。

ーまとめー

いかがでしたか? ひとつも当てはまらないと胸を張って言える人は少ないのではないでしょうか?

思い当たる部分があるのなら、直していきましょう。

想像して見てください。もし嫌な上司が家にいたら自分も嫌ですよね。精神も病んでいきます。

家事・育児よりもママのエネルギーを奪ってしまっているかもしれません。

最後に

手を繋ぐカップル

今回は

  • ママが本当にしてほしい家事・育児
  • してほしい育児の代表 入園準備
  • ママが言われて嬉しい言葉

について解説してきました。

思いやりが大切です。

自分主体の家事や育児でなく、ママのことを考えたら、もっとわかってくると思います。

また、家事・育児そのものだけでなく、そのあとの態度や普段の言葉にも気をつけましょうね。(笑)

ともあれ、失敗ありきで頑張ってみてください。 お互い頑張りましょう!

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

-読み物記事コンテンツ
-,

Copyright© お名前シール製作所 スタッフブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.