投稿

子どものお絵かきには色鉛筆がおすすめ!100均との使い心地を検証

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

色鉛筆

子どもとのお家時間の定番と言えば、お絵かき!!そう考えるママは多いのではないでしょうか?

子どもたちも、真っ白な紙に自分の気持ちを思うようにお絵かきしたり、塗り絵をしたりすることが大好き♡

子どもの大好きなお絵かきや塗り絵には、色鉛筆やマジックが必須アイテムですよね。

就学に向けておすすめなのは、色鉛筆です。

小学校に通うと、毎日のように鉛筆で書き取りするので、無理なく鉛筆に慣れていけることが大切なのです。

色鉛筆は、遊びながら鉛筆の持ち方を身に着けられるので、楽しくお勉強タイムに繋げられるのでおすすめです♪

今回は、小学校や幼稚園、保育園でも使う機会が多い色鉛筆についてお話します。

  • 【4歳児がレビュー】100均色鉛筆との色合いの違いや使いやすさなどの使い心地
  • 色鉛筆への名入れ方法
  • 色鉛筆でのお絵かきトラブルの対処法4選
  • 100均グッズで解決!意外と困りがち…色鉛筆の収納方法

についてご紹介していきます。

色鉛筆でのお絵かきが、より楽しいお家時間となるヒントを見つけて頂けますと嬉しいです。

【4歳児がレビュー】100均色鉛筆との色合いの違いや使いやすさを検証

塗り絵をする子供

手軽に買える100均色鉛筆と、お名前シール製作所の色鉛筆を4歳児の息子が使い比べてみました!!

同じように使いながら、色合いや使い心地について検証してみましたので参考にしてみてください。

色合いの違い

色鉛筆

色鉛筆本体を見る限り、色鉛筆の色合いに違いかあるのか見た目で分かりませんでした。

そこで、4歳児の息子に同じ時間をかけて、同じ色で塗り絵をしてもらい、検証してみることにしました。

【100均の色鉛筆】

色鉛筆と塗り絵

今回使った100均の色鉛筆は、丸軸になっており、小さな子どもの手にも持ちやすく、塗りにくさはない感じです。

いろんな軸のタイプがあるので、お好みで選ぶと良いですね。

車の塗り絵

ただ、色付きは淡い感じで何度も塗り重ねますが、好みの色味にはならなくて困っていました。

色鉛筆を塗り重ねても、粉は出ないのでキレイに使えました。

淡い色合いが好きな方におすすめです♪

【お名前シール製作所の色鉛筆】

色鉛筆とヘリコプターの塗り絵

お名前シール製作所の色鉛筆は、丸い軸で小さな子どもにも握りやすく、塗りやすいようです。

同じ筆圧なのに、100均の色鉛筆と違い、塗り絵を始めてからの息子の様子が違いました。

描き心地が良く、色付きは極めて良好な印象で、「色塗り上手でしょ〜?」と、色がキレイに付くのを喜び、繰り返し色塗りを楽しんでいます。

車の塗り絵

同じような青色をチョイスしたのに、この違いはビックリでした。

車の塗り絵

塗り重ねても色鉛筆の粉は出ないので、安心です。

使い心地の違い

【100均の色鉛筆】

今回使った100均の色鉛筆は、「滑らかな書き心地」と書いてあるだけあり、100均の色鉛筆の中では色付きが良い方でした。

ただ、紙ケースに入っているため、色鉛筆の出し入れが大人でも難しく、使いやすさ面では残念な部分も…。

紙ケースですが、持ち運んでいても芯が折れることはなく、出し入れを除けば良い感じでした。

【お名前シール製作所の色鉛筆】

お名前シール製作所の色鉛筆は、端が丸くコーティングされており、適度な重みがあり、安定した持ちやすさがある印象です。

また、透明ケースに1本ずつしきりがあり、バラけにくいように配慮してあるデザインが地味だけど嬉しいポイントでした。

持ち運びするときにケースの蓋がパカパカするので、ゴムで固定すると問題なく使えましたよ♪

子どもが嬉しいポイントがもう一つ。

色鉛筆1本1本にイラストが施されているので、子どもにとって、どれが自分のものか分かるのが嬉しいようです♡

「これ、○○ちゃんのね!これは姉ちゃん♪」と、得意げに仕分けをしながら片付けをしてくれる4歳息子の姿を安心して見守ることができました。

この可愛らしいデザインが見た目だけでなく、自分のものの目印にもあることを気付かせてくれ、不必要な兄弟喧嘩がなくなることに私にとっても嬉しい発見でした。

それぞれのおすすめポイント

<100均色鉛筆の場合>

・100均なので、手軽に買いやすい!

・淡い色合いが好みの方、落書きされて汚れることが気になる方におすすめ

<お名前シール製作所の場合>

・オリジナルプリントなので、自分の色鉛筆が分かりやすい

・しっかりと色が付くので、子どもはストレスフリーでお絵かきや塗り絵ができる

・名前付けを無料でしてくれる!

色鉛筆への名前付け方法は?

考えるお母さん

色鉛筆を幼稚園や保育園、小学校に持っていくときには名前付けが必要。

細い色鉛筆にはどんな名前付け方法があるのかご紹介します。

①油性ペンで直接書く

油性ペンと色鉛筆

一番コストがかからず、思い立った時すぐにできる方法です。

油性ペンで色鉛筆に名前を書くのですが、丸軸の場合、ツルツル滑るので思うように名前付けができずイライラすることも…。

少しくらい変になっても大丈夫!という方におすすめですが、完璧を求められる方には不向きな方法かもしれません。

②名前シールを貼る

色鉛筆にお名前シールを張る様子

お名前シールは、紙製とプラスチック製があります。

お名前シールは耐久性を上げるため、厚めに丈夫な仕様に作られているものが多くなっています。

一般的なアイテムに使う分には便利なお名前シールですが、厚めで丈夫な仕様が丸軸の色鉛筆とは相性が悪いので注意が必要です。(六角形の軸は、お名前シールとの接地面が大きいので問題ないので安心してくださいね。)

色鉛筆で丸軸のものをチョイスした場合、お名前シールだけでは使っているうちに自然と剥がれてくることがあります。

お名前シールの上にセロハンテープを貼り付けると剥がれにくくなるので、おすすめ!

一手間加えて、剥がれにくく名前付けしてあげましょう。

③名入れをする

購入時に名前を入力し、後は待つだけ~♪なので、もっとも手がかからず、おすすめな方法です。

ただ、オプション料金がかかるお店もあるので、購入するときにしっかりと確認しておきましょう。

私がおススメしたいのは、お名前シール製作所の名前入り色鉛筆。

色鉛筆バナー

名前付けが無料なのも嬉しいのですが、最後まで名前が残るように計算されて名前付けを施すように考えられていることが最もおすすめしたいポイントです!

使い進めていくうちに、途中で「名前が消えた!」と焦ることなく安心して使えるのでおすすめですよ♪

子どもは鉛筆を強く握るので、油性ペンで名前付けすると名前が消えたり、名前付けの位置によっては鉛筆削りをしているうちに名前が無くなっていたりすることがよくあります…。

名入れ色鉛筆

また、お名前シール製作所のオリジナルデザインが可愛らしくて子どもたちが喜んでいます。

デザインは種類あるので、お子さんの好みに合わせてチョイスできるのもオリジナル感が高くて良いですよね♡

市販の色鉛筆は無地なタイプが多いので、特に小さな子どもには自分の色鉛筆の見分けが付きにくいこともあります。

1本1本に施されたイラストで、自分のものの判別が付きやすく、名前が読めない子どもでも自分のものだと分かるのが嬉しいですね。

色鉛筆トラブルへの対処法4選

頭を抱えるお母さん

子どもはお絵かきに夢中になると、紙を通り越して机に描いてしまったり、壁や床に描いてしまったり…

お絵かきに夢中になってしまった結果ではありますが、パパやママにとっては困った色鉛筆の汚れ問題。

そんな困った汚れ問題には、色鉛筆の成分の性質を利用して落とすのが有効的です。

キレイに落とせるお手入れ方法をご紹介します!

いざという時のため、覚えておくと便利ですよ♪

①熱を利用する

色鉛筆には油性と水性があります。

水性の色鉛筆は、水を含んだ布で拭き取ればオッケーですが、油性は違います。

油は熱に溶けやすいので、ドライヤーの温風を当てて顔料を溶かして、乾いた布で拭き取りましょう。

落ちない場合は、次の方法を試してみましょう。

②洗剤を利用する

油は酸性なので、弱酸性の台所用洗剤を使って汚れを落とすと良いです◎

台所用洗剤を水で薄めたものを使って拭き取っていきましょう。

だいたいの汚れはこの方法で落ちますが、場所によっては落ちにくいこともあります。

落ちない場合は、次の方法を試してみてくださいね。

③消しゴムでこする

消しゴムでこすり、摩擦力で落としていきます。

…ただ、時間がかかる上に消しカスがすごく出ます。

簡単にできるので、手軽に汚れ対策をしたい方におすすめです◎

フローリングとの相性が良いので、台所用洗剤でも落ちない場合は是非お試しください。

注意する点が一つ。それは、壁紙には向きません。摩擦力で壁紙が剥げてしまうので、止めましょう。

④落書きスプレーなどの専用アイテムを使う

3つの方法を試してみてもダメだった場合、落書き専用のアイテムを使いましょう。

落書きスプレーや壁の汚れ消しゴムなど、たくさんの専用アイテムがあるので要チェックです!

色鉛筆で、頻繁に汚れてしまう場合は手早く解決できる専用アイテムを常備するのも良いかもしれませんね。

100均グッズで解決!意外と困りがち…色鉛筆の収納方法

色鉛筆はケースごと保管しておくと意外とスペースをとってしまい、見た目も残念に…。

しかも、子どもにとってはすぐに使いたいのに探さないといけないというデメリットもあります。

そこで、現役保育士の二児の母である私が子どもにとって片付けやすい・使いやすい、100均グッズで解決できる収納方法をご紹介します。

色鉛筆収納アイディア①引き出し型ケースにしまう

引き出し型ケース

こちらは100円ではありませんが、100均で購入できる引き出し型3段BOXです。

子どもはきっちりしまうよりも、ざっくりと片付ける方がやりやすいものです。

クリアケースなので、中身がハッキリと確認できるのも片付けやすいポイント!

引き出し型ケース

また、引き出しが取り外しできるので、そのまま引き出しだけ机に置くこともできるのも便利ですよ♪

色合い毎に引き出しにしまうようにすると、見た目もキレイに片付けられそうですね。

色鉛筆収納アイディア②立ててしまう

コップやカップ、メイソンジャーなど、色鉛筆を立ててしまうようにするとサッと片付けることができます。

持ち手付きの籠の中に色鉛筆用のカップを用意してあげれば、そのまま好きなところに持ち運んでお絵かきタイムが楽しめますね。

また、子どもに見せる収納を意識させれば、片付けるときに自然と色分けしたり、自分なりのルールで仕分けしたりと、片付けることが楽しくなりそうです♡

色鉛筆収納アイディア③粘土ケースにしまう

粘土ケースにしまわれる色鉛筆

こちらは、蓋付きケースにしまう見せない収納の仕方です。

こちらは長さが十分にあるので、新品のままでも大丈夫!

ざっくりしまい、蓋を付ければ見えないので見た目もスッキリな印象ですね。

中身が分かりやすいように、ケースは半透明タイプがおすすめです。

蓋を閉めることが片手間になるため、片付けることを意識させたい年長さんより大きな子どもにおすすめの方法です。

粘土ケースにしまわれる色鉛筆と塗り絵

我が家では、色鉛筆と一緒に塗り絵を入れていつでも塗り絵ができるようにセットさせています。

色鉛筆収納アイディア④タワーペンスタンドにしまう

たくさんの色鉛筆

色鉛筆をお店のようにディスプレイするように片付けられる収納方法です。

斜めになっているので取り出しやすく、また、上に積んでいくタイプなので場所を選ばないのが嬉しいですね。

机に置いていてもスリムなので、あまり場所をとらず収納できるので小学生におすすめです。

ただ、色分けをしたかったり、何本も色鉛筆があったりする場合は少しコストはかかります(苦笑)

まとめ

色鉛筆と塗り絵

100均色鉛筆とお名前シール製作所の色鉛筆を比較してみましたが、参考になりましたでしょうか?

色鉛筆のそれぞれのおすすめポイント、お手入れ方法や収納方法など、少しでも参考になるものがありましたら嬉しいです♪

色鉛筆は、楽しみながら小学校に向けて鉛筆に慣れることができるアイテムです。

楽しくお絵かきしながら、鉛筆に慣れ、持ち方や間違えた時には消しゴムを使うなど扱い方についても知らせていきたいですね。

お子さんとのおうち時間のお供に、親子で一緒に色鉛筆でのお絵かき・塗り絵を楽しんでみて下さい♡

色鉛筆バナー

お名前シール製作所のご紹介

お名前シール製作所
パッと貼るだけ!お子様の入園・入学に可愛いシールを。簡単かわいいお名前シールは550種類のデザインからお選びいただけます。
防水シール・アイロンシール・お名前えんぴつ・お名前スタンプはお名前シール製作所まで♪
商品を見る

入園・入学準備グッズを探す(例:おむつ)

-絵本・手遊び・お絵描き
-

Copyright© お名前シール製作所 スタッフブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.